【楽曲解説】モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番

Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)


Streichquartett Nr. 19 C-dur KV 465
弦楽四重奏曲第19番 ハ長調 KV 465



 冒頭の序奏部が半音進行を中心とした大胆な和声で満たされていることから、「不協和音」という愛称で親しまれているこの作品は、モーツァルトの「ハイドン・セット」を締めくくる6番目の曲です。あらゆる点においてウィーン古典派の弦楽四重奏曲の頂点に君臨する本作について、徒に言葉を費やす愚を犯すつもりはありません。この素晴らしい音楽を演奏できることの幸せと感謝を皆様と共有することができましたら、望外の喜びです。

シュペーテ弦楽四重奏団 第3回公演(2013年4月13, 20日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mozart,W.A. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター