【楽曲解説】ハイドン:弦楽四重奏曲第39番「鳥」

Franz Joseph Haydn
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)


Streichquartett Nr. 39 C-dur Op. 33-3 (Hob.III-39) „Vogelquartett“
弦楽四重奏曲第39番 ハ長調 作品33-3(Hob.III-39)「鳥」



 弦楽四重奏曲の分野でも多作家であったハイドンの凄さは、いずれの曲集においても工夫を凝らして新機軸を打ち出していることにあります。モーツァルトが「ハイドン・セット」を作曲するきっかけとなった曲集「ロシア四重奏曲」(1781)は、精緻な主題労作の技法と、第2楽章にスケルツォを導入した4楽章制という点で、同時代の音楽家達に大きな影響をもたらしました。
 この曲集の中でもとりわけ名高い本作は、第2楽章トリオで2台のヴァイオリンが奏でる装飾音が鳥のさえずりのように聴こえることから「鳥」の愛称で親しまれています。随所に印象的な音型が現れる、軽やかでハイドンらしい機知に富んだ作品です。


シュペーテ弦楽四重奏団 第5回公演(2015年4月18, 25日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Haydn,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター