【楽曲解説】ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第15番

Ludwig van Beethoven
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)


Streichquartett Nr. 15 a-moll Op. 132
弦楽四重奏曲第15番 イ短調 作品132



 ベートーヴェンの後期弦楽四重奏曲が実際に作曲されたのは第12→15→13→14→16番の順で、この順序に従って各曲の楽章数を見ると興味深いことに4→5→6→7→4となります。したがって、ベートーヴェンが古典的な4楽章制の雛形を打ち破った最初の野心作が、この第15番といえるかもしれません。
 印象的な4音の並び(J.S.バッハの音名象徴“B-A-C-H”やショスタコーヴィチの音名象徴“D-Es-C-H”などとよく似た性格を持つ)を主要動機とする第1楽章は、一応ソナタ形式の体裁は採っているものの、第12番の第1楽章と同様に随所で序奏部が抒情的な音楽の流れを分断するかのように挿入される独創的で劇的な構成となっています。メヌエットとスケルツォとの狭間を漂うような透明感を持った第2楽章は、中間部のバグパイプのような響きとロマン派を予感させる拍節感の揺らぎがとても印象的です。全曲の頂点であり、ベートーヴェンの後期四重奏曲を代表する楽章が、第3楽章です。作曲途中で持病の腸炎をこじらせて生死の境を彷徨った作曲家が「Heiliger Dankgesang eines Genesenen an die Gottheit(病癒えたる者の神への聖なる感謝の歌)」と記したリディア調(教会旋法の一つ)のコラールが、「Neue Kraft fühlend(新しい力を感じつつ)」と書かれた中間部を挟んで、自由に変奏されつつ繰り返されます。行進曲風の第4楽章は短く、レチタティーヴォ風の挿句を挟んでアタッカで第5楽章へと続きます。終楽章のロンド主題は、当初、交響曲第9番を器楽のみの作品として構想した時に終楽章の主題としてスケッチしたものを流用したといわれています。

シュペーテ弦楽四重奏団 第5回公演(2015年4月18, 25日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Beethoven,L.v. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

No title

 西宮の170人席のこの教会、カルテットを聴くのに絶好の場所だと思います。経験豊かな白熱の演奏の15番の感動が抑えられない。(友人は京都の教会に行かれたようですが。)
 14番とともにベートーベンの頂点をなすといわれているこの曲を久しぶりになまで聞き30年前にスメタナカルテットで14,15番を聞いたこと思い出しました。自分自身歳を重ねたこともあり今回それ以上の感動でした。
 全体プログラムもよく考えられていてアンコールのドボルザークの「2つのワルツ」も初めてだったのに沁みてきました。 後期カルテットの愛好者でもあったプルーストの気分です。有難うございました。

Re: No title

どすとさん、過分なお褒めのお言葉、どうもありがとうございました。とても励みになります。演奏の出来そのものはさておき、アンコールも含めて全てが素晴らしい音楽作品であることに私(たち)自身が感動しながら演奏していたことが、多少なりとも伝わっていれば何よりです。

これからも地道に活動を続けていきたいと思っておりますので、また演奏会に足をお運び頂ければ嬉しいです。
プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター