オネゲル:交響曲第3番「典礼風」の2台ピアノ用編曲(ショスタコーヴィチ)

  • オネゲル(ショスタコーヴィチ編):交響曲第3番「典礼風」(2台ピアノ版)、メシアン:アーメンの幻影 ソーシュ・ハーグ・ピアノ・デュオ (Guild GMCD 7331)
6月24日のエントリーで紹介した2枚と同時に2月末に注文していたのだが、この1枚だけが随分遅れて入荷した。長らく買いそびれてはいたものの、絶対に架蔵しておかなければならない音盤だったので、廃盤になっていなくて一安心。

少々前のことになるが、「典礼風」のショスタコーヴィチ編曲の日本初演となった演奏会のために、小文を書く機会があった。その時点で本盤を所持していなかったので、慌てて注文したものの、その演奏会が終わってから三ヶ月近く経ってようやく手元に届いたという次第。幸い、事前に聴いておくことだけは叶ったので、執筆には影響しなかったが。

さて、この編曲の背景等については上述の小文にまとめた通りだが、そもそもが公開演奏の目的ではなく、(当時の)新曲を紹介し、勉強する目的の編曲であるので、極めて機械的に管弦楽のスコアを2台ピアノの譜面に落としただけであろうことを前提に聴くべきものだと、私は考えている。その上で、全体として管弦楽の雰囲気が損なわれずに感じ取られるのは、ショスタコーヴィチがピアノを使いながらオーケストラの響きを如何にイメージしていたのか、その過程を窺わせるようにも思われて、なかなかに興味深い。この種の編曲によると和声とリズムの構造が明確になる一方で、楽器の音色そのものが持つ色彩や意味合いが失われることもあり、演奏にあたってはオリジナルのオーケストレイションに対する配慮も少なからず必要だが、この演奏はその点でやや単調なピアノ音楽の枠に納まっている感が否めないのは残念。とはいえ、ショスタコーヴィチの書いた音符を実際の音として聴かせてくれる貴重な録音としての価値は大きい。

「アーメンの幻影」でも、このデュオの演奏の印象は同じ。技術的な難所を感じさせない水準の高い合奏で、譜面は十二分に再現されている。ただ、音の強度や和声の色彩感の表現が少々単調で、結果として各曲の違いが聴き手にあまり伝わらないのが惜しいところ。
HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター