スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A. ルビンシテーイン:歌劇「デーモン」他

  • シューベルト:弦楽四重奏曲第15番 タネーエフQ (Melodiya 33C 04491-92 [LP])
  • A. ルビンシテーイン:歌劇「デーモン」 メーリク=パシャーエフ/ボリショイ劇場O他 (Le Chant du Monde LDX 78023 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ヴォディチコ/ワルシャワPO (Eterna 8 20 127 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Coからの6月入荷分。

来年4月に予定しているシュペーテQの第6回公演のメインは、シューベルトの第15番。リストを見ていたらタネーエフQのLPが目に付いたので、オーダーしてみた。硬質でありながらも幾ばくかの野趣が感じられる彼らの音色はウィーン情緒とは異質ながらも、旋律美一辺倒ではないこの曲の場合は違和感なく受け入れられるのだが、かなり早めのテンポによる歌い回しが妙に落ち着かなく、残念ながら楽曲を愉しむには至らない。この種のテンポ設定には、他にハンガリーQのライヴ録音(Orfeo C 604 031 B)などもあるが、そこに聴かれる鬼気迫る熱気のようなものも、この演奏にはない。


ロシア音楽史においてA. ルビンシテーインの果たした役割は決して小さくはないが、その楽曲を耳にする機会は、そう多くない。一般に西欧派に分類される作曲家であろうが、魅力的な旋律にはロシア情緒が色濃く投影されている辺り、後のチャイコーフスキイに繋がるロシア音楽の原形と言ってよいのだろう。レールモントフの原作による歌劇「デーモン」は、彼の創作の中でもとりわけ民族主義的な要素が強い作品として、代表作の一つに挙げられることが多く、また現在も上演されることのある人気作である。第3幕は、チャイコーフスキイの歌劇「エヴゲーニイ・オネーギン」のオネーギンとタチヤーナの最後の場面に大きな影響を及ぼしているとされ、専らその観点から言及されることの多い作品でもある。

レールモントフの原作は岩波文庫から出版されていたが、現在は絶版。現時点で未読なので、歌劇のあらすじは知っているものの、音楽とストーリーとの対応がとれていない状態ではあるが(ライナーには、歌詞の仏語訳のみ掲載)、音楽だけでも愉しむに十分な美しくも劇的な楽曲が満載で、聴き応えのある充実したオペラである。録音はさすがに古めかしいが、メーリク=パシャーエフのツボを押さえた演奏は、全曲を通して歌心に満ちており、本作品の魅力を詳らかに伝えてくれる今なお色褪せぬ名演と言ってよいだろう。


なお、Youtubeでいくつかの舞台映像等を観ることができる。日本語字幕などはもちろんないが、単に音を聴くのよりは、はるかに歌劇の内容を理解することができるだろう。

音楽映画(1960)
ラトビア国立歌劇場(2003)
フヴォロストーフスキイ他(2015)


ヴォディチコの雰囲気豊かな熱演は、いかにも時代を感じさせるものの、一聴の価値がある録音である。既に架蔵していたのだが(2011年8月8日のエントリー)、うっかりダブり買いしてしまった。円安の今、こういう無駄遣いは痛い。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rubinstein,A.G.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。