【楽曲解説】シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

Jean Sibelius
ジャン・シベリウス(1865~1957)


Andante festivo (1922)
アンダンテ・フェスティーヴォ(1922年)



 今年生誕150年を迎えたシベリウスは91年に及ぶ長寿を全うしましたが、1925年に交響詩「タピオラ」作品112を発表して以降、亡くなるまでの30年間に発表された主要な作品はなく、創作活動は継続していたと伝えられるものの、事実上の隠居状態にありました。「祝祭アンダンテ」と訳されることもあるこの作品は、1922年12月28日に行われた、合板の工場であるサイナトサロ製作所の25周年記念式典のために依頼されたもので、交響曲第6番 作品104と同時期の、作曲家シベリウスとしては最晩年の小品です。式典時の初演はアマチュアの弦楽四重奏団によって行われ、総譜は当日配布された記念誌に収録されました。その後、シベリウスの親族の結婚式でこの曲が演奏されたことなどをきっかけに、コントラバスとティンパニを追加した弦楽合奏用に編曲され(楽器編成以外にも、終止音型の変更などがなされています)、自らが指揮する演奏会でしばしば取り上げるようになりました。1939年1月1日にアメリカでも生中継されたフィンランド放送交響楽団との放送録音は、現存する唯一のシベリウスの自作自演です。
 冒頭で提示される雄大で澄んだ主題はト長調で始まりますが、途中で教会旋法なども交えながら多彩な陰影をつけつつ、最後はアーメン終止で締めくくられます。「祝祭」という言葉に反して、敬虔で荘重な雰囲気を持った、シベリウスの魅力が凝縮された逸品です。

シュペーテ弦楽四重奏団 特別公演~アダルベルト・スコチッチ氏を迎えて~(2015年11月22日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sibelius,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター