【楽曲解説】シューベルト:弦楽四重奏曲第15番

Franz Peter Schubert
フランツ・ペーター・シューベルト(1797~1828)


Streichquartett Nr. 15 G-dur, D 887 (Op. post. 161)
弦楽四重奏曲第15番 ト長調 D 887(作品161)



 シューベルトが残した15曲の弦楽四重奏曲は、いずれも特定のパトロンからの依頼によるものではありません。ほぼ同時に没したとはいえ、明らかにベートーヴェン(1770~1827)の次の世代であったシューベルトの作曲家としてのあり方が、このことにも象徴されているといえるでしょう。特に第12番以降の後期作品は、出版や公開演奏の機会とは関係なく、シューベルト自身の純粋な音楽的欲求から書かれたと考えられています。
 1824年に第13番「ロザムンデ」と第14番「死と乙女」の2曲の弦楽四重奏曲を書き上げたシューベルトは、おそらく交響曲第8番「ザ・グレート」D944(1825~6)のことと思われる「大きな交響曲」への準備として、弦楽四重奏曲をさらにもう一つ構想します。それが、1826年にわずか10日で書かれた第15番です。第1楽章だけは1928年に公開演奏されましたが、全曲の初演はシューベルトの死後、1850年になってようやくヘルメスベルガー四重奏団によって成し遂げられることになります。
 古典派の楽章構成を型通りに踏襲しつつも独創的な転調を駆使した詩的情緒あふれる音楽は、シューベルトならではのものです。しかし、この作品では歌謡性に満ちた旋律美は後退し、全曲を通じて鳴り続けるトレモロをはじめとする限られた動機の自在な組み合わせによって、濃密なロマンの香り漂う劇的な音楽が緻密に構成されているのが特徴です。また、執拗に反復される同じ音型に転調と楽器や伴奏音型の変化を加えることで繊細な色合いを織りなす手法は、後期ロマン派をも予感させる、時代を先取りしたシューベルトの新境地です。極めて長大な作品ですが、緊張感のある起伏と陰影に富んだ力感が漲る、シューベルト畢生の大作です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第6回公演(2016年4月16, 23日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Schubert,F.P. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター