ショスタコーヴィチ2題(買い物録その2)

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1、8、14番 ボロディーンQ (Decca 478 8105)
  • ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ、ヴァイオリン・ソナタ(未完)、ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ編):アンダンティーノ(弦楽四重奏曲第4番より)、ストラヴィーンスキイ(ショスタコーヴィチ編):詩篇交響曲、ブラガ(ショスタコーヴィチ編):ラ・セレナータ S. ロジデーストヴェンスキイ (Vn) J. & M. メニューイン (Pf) ドムニフ (S) シェルマン (MS) (FHR FHR37)
6月16日のエントリーの続き。新譜というにはリリースされてから時間が経っているが、ショスタコーヴィチ関係のCDを2枚オーダー。

まずは、新生ボロディーンQのショスタコーヴィチ・アルバム。結成70年の記念企画とのことだが、創設メンバーのベルリーンスキイがいなくなってからの演奏は、録音でも実演でも初めて聴く(YouTubeでシューベルトの弦楽五重奏のライヴ動画を観たことはある)。第8番は言うまでもないが、第1番もこの団体お得意のレパートリーであり、それに新しいチェロのお披露目で第14番、といった感じの選曲だろうか。

緊密で隙のないアンサンブルは相変わらず流石で、アハロニャーンの個性的な音色も、どこかコーペリマンの冷ややかな音を想起させたりはするものの、チェロのベルリーンスキイの存在がこの団体の核であったことを改めて再認識させられた。技術的には十分に水準以上だとは思うのだが、肝心の音の魅力が全く変わってしまったことで、随所に伝統が継承されていることは感じられるものの、やはり別団体だと捉える方が自然だろう。

もっとも、これは当然のことで、このメンバーによるアンサンブルや音楽が劣っているということでは全くない。衰えの目立っていた第2Vnのアブラメンコフも代わったことで、アンサンブルの精度と活力は増したし、どちらかといえば哲学的、思索的な雰囲気を醸し出していたベルリーンスキイとは異なる感覚的で抒情的なチェロも、アハロニャーンのスタイルには合っているように思う。

第1番は、このメンバーの特質が最もよく出た演奏で、アハロニャーンの癖のある歌い回しも、ナイディンの不器用な存在感も、作品とよく共鳴している。第8番は、ボロディーンQお得意のレパートリーだけに、解釈の骨格はこれまでの多数の録音と一貫している。こうなると、チェロの軽さが少々気になるが、貫録の演奏であることは確か。第14番は、立派なアンサンブルではあるものの、作品の深い部分に到達し切れていないような、不消化な音楽の物足りなさが、いかにも歯痒い。今後の演奏活動を通じて、現在のメンバーが伝統の軛から解放され、真に深化することを期待したい。

HMVジャパン


ショスタコーヴィチの「未完のヴァイオリン・ソナタ」については、本ブログでも2015年7月4日のエントリーで世界初録音のロス盤を紹介し、2015年8月29日のエントリーで楽曲の内容について簡単に触れた。早くも同曲2種類目の録音となる音盤は、有名演奏家の2世コンビによる意欲的な内容のアルバムである。

なお、「詩編交響曲」の四手用編曲とブラーガの「ラ・セレナータ」は“世界初録音”とクレジットされているが、CD化はされていないものの、LPにて1980年代に発売済。しかも、本盤の演奏者であるサーシャ・ロジデーストヴェンスキイの母親であるポストニコヴァが演奏したアルバムで。

それはさておき、いずれの曲においてもサーシャのヴァイオリンはよく歌う。好き嫌いはあるにせよ、これほど歌謡性に富んだ作品134の演奏は珍しく、この曲の新たな魅力を感じさせるに足る優れた演奏である。未完のソナタも同様で、油断していると、ふとこれがショスタコーヴィチの手によるものであることを忘れてしまいそうになる。弦楽四重奏曲第4番の第2楽章が、甘く美しく、ロシアン・ロマンスの世界を堪能させてくれるのも、当然の帰結だろう。

ジェレミーのピアノもロマンティックな雰囲気で、詩編交響曲の後期ロマン派のような世界観は、熱心なストラヴィーンスキイのファンにどう思われるかはわからないが、少なくとも聴きやすいことに違いはなく、私は好き。

ブラーガの「ラ・セレナータ」に関連する事柄については2011年1月13日のエントリーで紹介したことがあるが、ややこしいことを抜きにして、とにかく甘美な小品である。ヴァイオリンのオブリガートも美しく、文句のない仕上がり。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター