スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲールギエフによるショスタコーヴィチの「映像」全集(買い物録その4)

  • ショスタコーヴィチ:交響曲&協奏曲全集、ドキュメンタリー『ドミートリィ・ショスタコーヴィチ:いくつもの顔を持つ男』 ディジョーエヴァ (S) ペトレンコ (B) レーピン、バーエワ (Vn) カプソン、ブルネロ (Vc) トリフォノフ、マツーエフ (Pf) マルティノフ (Tp) ゲールギエフ/マリイーンスキイ歌劇場O (Arthaus 107552 [Blu-ray])
6月16日18日7月19日のエントリーの続き。一連の買い物の主目的は、このBDボックスであった。ショスタコーヴィチ・ファンならば必携のセットと思いつつも、今頃になってようやく入手。今回はセール価格での購入だったが、基本的には高価な(とはいえ、1990年前後にCDでリリースされた交響曲全集などに比べれば十分に安価ではある)セットということもあってか、世間ではいまだにそれほど話題になっていないように感じられるのは少々寂しい。

映像の視聴は、音盤を聴くのとは異なり、基本的に他の作業と並行することができないため、この分量を全て踏破するのに随分と時間がかかってしまった。私は日々の通勤にかかる時間が長いため、タブレット等で視聴できれば非常にありがたいのだが、タブレット用にリッピングすることは違法行為なので、我慢せざるを得ない。正規に購入しているにも関わらず、こうした不便さを強いられることには忸怩たるものがあるが、致し方ないのでしょうね。

さて、このセットでは、全ての楽曲についてゲールギエフが簡単な(2分程度)解説を行っている。かれこれ20年ほど前のドキュメンタリー「戦争シンフォニー~ショスタコーヴィチの反抗~」では、ショスタコーヴィチの音楽を彼の生きた時代/社会体制と結びつけて解釈し、実際にそのような雰囲気を強く漂わせた演奏を聴かせていたゲールギエフであるが、ここでは驚くほど“純音楽的な”見地で各曲を語っているのが面白い。ショスタコーヴィチという作曲家の受容のあり方が時代と共に変わっていることの証左であろうし、ゲールギエフの音楽観が歳を重ねると共に音楽の諸相を重層的に消化したがゆえに単純な形に結実してきた、ということなのかもしれない。「スターリン」という名のインパクトが、もはや現代では生々しい存在感を失っていることも、また事実であろう。

約2年に渡る8回のコンサート(すべてパリのサル・プレイエル・ホール)で、交響曲15曲と協奏曲6曲の全てを演奏し、映像収録を行うという、あらゆる面でのコストが極めて大きいこの狂気じみたプロジェクトは、やはり狂気じみたバイタリティーの持ち主であるゲールギエフにしか成し得ないことだろう。だからまず何よりも、その成果であるこのBDセット自体に対して最大限の敬意を払いたい。その上で、当然ながら、収録された21曲全てが極上の出来ということではない。弦楽器のピッチの不揃いなど、オーケストラの基本的な状態が万全でないものもあるし、当初の設定がいまひとつなのか、流れの構築に失敗した結果なのかはわからないが、テンポの停滞が気になる曲もある。また、これはゲールギエフの特質なのかもしれないが、聴かせどころの爆発力と、そこに至る全体設計の巧みさは卓越しているものの、全曲を通じて緊張感が持続することが少なく、どうしても気の緩む瞬間が存在してしまうのも気になる。

一方で、オーケストラの威力を存分に活かした、時に扇情的な、時に威圧的な音の洪水は魅力的。ヴァイオリン協奏曲第1番の第3楽章などが良い例だが、突如スイッチが入ったかのように舞台上が音楽に完全に没頭した瞬間の凄まじさも格別である。

60分弱のドキュメンタリー(監督:ライナー・モーリッツ)は、基本的に本セットの演奏映像と上述したゲールギエフによる各曲の解説(でカットされている部分を含む)との組み合わせに、既にリリースされている他の映像作品から演奏風景(ボロディーンQの第8番と第15番だけは、初見であった)やインタビューを+αした構成。最晩年のショスタコーヴィチの映像が使われているのは嬉しいが、いかにもなアメリカ英語が被されているのには心の底からがっかりする。「Many Faces」に迫る内容はなく、ごく常識的に交響曲を中心に編年体でショスタコーヴィチの生涯をなぞっただけである。本セットのプロモーション映像と考えるのがよいのだろう。

歌詞も含めて、全てに日本語字幕あり。録音・録画の品質も非常に優れているし、装丁も価格に見合ったもの。ただし、箱からBDケースを取り出しづらいという難点がある。またハードカバーの解説書は、装丁に比して内容はありきたり。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。