スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋めのロシア音楽5題

  • ヴァーインベルグ:ピアノ五重奏曲、弦楽四重奏曲第8番 ヴァーインベルグ (Pf) ボロディーンQ (Melodiya MEL CD 10 01998)
  • ボロディーン:弦楽六重奏曲、スケルツォ(「金曜日の曲集」第2集より)、グリエール:弦楽四重奏曲第3番、ミャスコーフスキイ:弦楽四重奏曲第9番 ボリショイ劇場Q バルシャーイ (Va) クヌシェヴィーツキイ (Vc) (Melodiya MEL CD 10 01750)
  • ストラヴィーンスキイ:「春の祭典」より、ポンキエッリ:歌劇「ジョコンダ」より「時の踊り」、ショスタコーヴィチ:バレエ「黄金時代」より「ポルカ」、スヴェトローフ:組曲「老淑女の訪問」、フォーレ:パヴァーヌ、ベンジャミン:ジャマイカのルンバ、ラヴェル:歌劇「子供と魔法」より「五時のフォックストロット」、フリオ・オスカル・パネ:余談とタンゴ、チェルニコフ:夜曲 QuARTru (Bomba-Piter CDMAN 342-08)
  • ラフマニノフ:「徹夜祷」より、チェスノコーフ:「徹夜祷」より、チャイコーフスキイ:「イオアーン・ズラトウーストのリトゥルギーヤ」より、ロシア民謡:トローイカ、スヴィリードフ:「プーシキンの3つの詩」より、「プーシキンの花輪」より、「ユヴェナリスの鞭」より、「A. プロコーフィエフの4つの詩」より ベグレツォフ/スモーリヌイ聖堂室内cho (Bomba-Piter CDMAN 395-09)
  • スヴィリードフ:「ロシアの詩人の詩による5つの合唱曲」、「祖国への賛歌」、「プーシキンの3つの詩」、劇音楽「皇帝ヒョードル・イヴァノーヴィチ」より3つの合唱曲、「3つのミニアチュア」  チェルヌシェンコ/カペラ・サンクトペテルブルク (Manchester Files CDMAN 155)
レコードプレイヤーが壊れてしまい、LPはぼちぼちと購入しているものの聴くことができず、ブログの更新もすっかりご無沙汰。今回の5点は、アリアCDで購入。

まずは、Melodiyaレーベルから2枚を注文。ボロディーンQによるヴァーインベルグ集は、作曲家自身が参加しているピアノ五重奏曲の方は2011年7月10日のエントリーで既に紹介済み。四重奏曲の方も、ヴァーインベルグの猛烈なテンションを万全の技術で地に足の着いた、それでいて極めて劇的に再現した名演。

HMVジャパン

ボリショイ劇場Qは、その名の通りボリショイ劇場管の首席奏者による団体。第1Vnのイサーク・ジュークは、後にモスクワPOのコンサートマスターを務めたヴァレンティン・ジュークの父。洗練とは対極の野暮ったさが純然たるロシアの香りと表裏一体の、実に魅力的な音を持った団体である。ロシア室内楽のコアなファンしか知らないような曲ばかりだが、いずれも楽曲の真価を十分に表出しきっており、各曲の最高の演奏だと断言したくなるような水準の仕上がりである。豪華メンバーを加えた六重奏曲などは、まさにロシア音楽の真髄と言ってよいだろう。

HMVジャパン

近年Bomba Piterと改称したManchester Filesレーベルからは、3枚をオーダー。サロン音楽風のアンサンブルQuARTruによる様々な舞曲作品の編曲集は、クレズマー風の響きが楽しく、編成と相性の良い選曲と編曲にセンスの良さが感じられる、気の利いたアルバムである。


先日スヴィリードフの作品リストを整理し直したところだが(6月14日のエントリー)、それに伴って数多くの楽曲が未聴であることが明らかになった。スヴィリードフの合唱曲を収録したアルバムをカタログに2点見つけたので、注文。

スモーリヌイ聖堂室内合唱団によるアルバムは、その名の通り19世紀の宗教曲が前半に収められているのだが、後半のスヴィリードフ作品が何の違和感もなく続くところに、スヴィリードフのロシア的本性であったり、晩年に聖歌へと傾倒することになる音楽的志向の礎などを感じた。合唱の技術的な巧拙の判断はつかないのだが、神々しくも生気に溢れた歌心が、とても心地よい。


チェルヌシェンコ指揮のアルバムは、オール・スヴィリードフ。作曲年代はまちまちなのだが、作風の変遷というものはあまり感じられず、むしろ全てを貫くスヴィリードフ独特の響きを堪能した。日本でも知られた合唱団だが、手堅く洗練された歌唱には、安心して身を委ねることができる。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。