ロシア音楽3題

  • ミャスコーフスキイ:シンフォニエッタ第2番、室内楽のためのセレナード ヴェルビーツキイ/ソヴィエト国立SO (Melodiya C 10-15187-8 [LP])
  • ティーシチェンコ:交響曲第5番 ロジデーストヴェンスキイ/ソヴィエト国立文化省SO (Melodiya C10 25287 005 [LP])
  • バラーキレフ:イスラメイ、ボロディーン:小組曲より第7曲ノクターン、ムーソルグスキイ:古典様式による間奏曲、歌劇「ソローチンツィの定期市」よりゴパーク、ラフマニノフ:前奏曲 Op. 3-2、Op. 32-12、スクリャービン:2つの詩曲 Op. 32、ストラヴィーンスキイ:ペトルーシュカからの3楽章より第1曲ロシアの踊り、プロコーフィエフ:サルカズム(風刺)、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より第14、10、6番、ハチャトゥリャーン:バレエ「ガヤネー」よりレズギンカ ラフォルジュ (Pf) (Club National du Disque CND 18 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から、LP3枚が届いた。

ミャスコーフスキイの中でもとりわけ平明な楽想を持つ2曲を収録したアルバムは、作品の抒情的な美しさに、どこか懐かしさを感じる。これは、ヴァルビーツキイの“緩い”音楽の賜物のように思える。両曲共に、同じオーケストラをスヴェトラーノフが振った録音もあるが、それと比べるとアンサンブルの精度も表現の踏み込み方も、まさに“緩い”としか言いようがないのだが、しかし、聴こえてくる音楽の何と魅力的なことか!


ティーシチェンコの交響曲第5番は、彼の作品中でも早くから知られ、傑作との呼び声高い作品だが、それに最も寄与したと考えられるのが、このロジデーストヴェンスキイのライヴ録音である。師ショスタコーヴィチの逝去直後の1976年に作曲された、ショスタコーヴィチを追悼する内容の音楽は、第3楽章にショスタコーヴィチの第10交響曲からの引用があるなどの表面的な事柄だけでなく、ティーシチェンコの根幹を成すショスタコーヴィチ的世界の総決算的な雰囲気を持つ。ロジデーストヴェンスキイの勘所を押さえた指揮は、手兵である文化省響の暴力的な響きと相まって、感情の起伏を切実に表出している。深刻さと表裏一体のとぼけた味わいも、ショスタコーヴィチを知り尽くした音楽家ならではのもの。


ジャン・ラフォルジュというフランスのピアニストの名は、今回初めて知った。ネットで検索してみてもプロフィール程度の情報しかなく、音盤として遺されたものがどれくらいあるのか、そしてそれらの評価がどのようなものかはよくわからない。ただ、このロシア音楽集は素晴らしい。まず、有名作曲家の比較的有名な作品ばかりではあるが、気の利いた選曲が良い。そして、それぞれの様式の違いを的確に処理しつつも、実に雰囲気のある気持ちの良い音で小細工無しに奏でられる音楽が良い。現代風の精緻さはないものの、往年の華やかでロマンティックなヴィルトゥオージックな演奏である。それでいて、特にB面では冷たい機能性も感じさせ、後のミシェル・ベロフを予感させるようにも聴こえる。目当てのショスタコーヴィチ作品はわずか3曲の抜粋のみだが、掘り出し物と言ってよい一枚である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Myaskovsky,N.Y. 作曲家_Tishchenko,B.I.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター