【楽曲解説】フォーレ:弦楽四重奏曲

Gabriel Fauré
ガブリエル・フォーレ(1845~1924)


Quatuor à cordes en mi mineur, opus 121
弦楽四重奏曲 ホ短調 作品121



 フォーレの室内楽作品はいずれもピアノが入った編成を採っており、弦楽器のみによる作品はこの弦楽四重奏曲が唯一です。死の前年に第2楽章から着手し、続いて第1楽章を仕上げたところで、体調の悪化のために作曲は中断します。翌年の夏、保養地にて終楽章に取組みますが、完成のわずか1週間後にフォーレは肺炎を起こし、2か月後にはその生涯を閉じることになります。名実ともにフォーレ最後の作品です。初演は作曲家の死後、1925年6月12日にジャック・ティボーらによって行われました。
 晩年のフォーレは重度の聴覚障害を患っていて、難聴に加えて音程が狂って聴こえる症状に悩まされていました。全体が中音域に集まっているのは、こうした肉体的な要因に起因するものと思われます。ベートーヴェンと同様に内なる声に耳を傾けた結果、難聴という表面的な現象を超えて、フォーレはベートーヴェンに通じる「崇高な単純さ」(V. ジャンケレヴィッチ)を獲得しました。その到達点が、この弦楽四重奏曲です。3つの楽章全てがソナタ形式に基づいていますが、展開部や再現部の扱いはかなり自由で、しかも簡素なものです。一方で、厳格な対位法と自在で複雑な転調が織りなす独特の曖昧さによって、高雅な透明感を保ちつつも人間的な情感の揺らぎが豊かに表出されています。第1楽章には、若き日の作品(未完)であるヴァイオリン協奏曲(作品14)の主題が流用されています(第1主題・第2主題とも)。第2楽章は、本作品の白眉です。第3楽章は、「表現に富んだ高尚なスタイル」の前2楽章に対して「いわゆる『スケルツォ』のような、軽快で楽しい気分を強調すべき」と、フォーレ自身が語っています。ピアノ三重奏曲(作品120)の終楽章と同じ三連符の動機をはじめとする「威厳に満ちたリズム」(V. ジャンケレヴィッチ)で、フォーレはその人生に軽やかに、そして安らかに別れを告げたのです。

シュペーテ弦楽四重奏団 第7回公演(2017年4月22, 29日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Fauré,G. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター