スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落穂拾い(東京)

  • シューベルト:弦楽四重奏曲第15&12番 メロスQ (harmonia mundi France HMA 1951409)
  • リゲティ:アトモスフェール、ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 アフカム/グスタフ・マーラー・ユーゲントO (Orfeo C 797 111 B)
  • ショスタコーヴィチ:ステパーン・ラージンの処刑、カンタータ「我が祖国に太陽は輝く」、オラトリオ「森の歌」 アンドレイエフ (T) タノヴィツキ(B) P. ヤルヴィ/エストニア国立SO、エストニア・コンサートcho、ナルヴァ少年cho (Erato 0825646166664)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、リスト:ピアノ協奏曲第1番、プロコーフィエフ:ピアノ協奏曲第1番 ドゥ・ラ・サール (Pf) ボルドツキ (Tp) フォスター/グルベンキアン財団O (naïve V 5053)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1&2番、24の前奏曲 コロベイニコフ (Pf) ガイドゥーク (Tp) カム/ラハティSO (Mirare MIR 155)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ第2番、24の前奏曲 マンゴーヴァ (Pf) (Fuga Libera FUG517)
  • ブラームス:ハンガリー舞曲第5番、コヴァーチ:ユダヤの母(教育ママ)、シューベルト:ドイツ舞曲、チック・コリア:スペイン、ドリ&コヴァーチ:オリエンタル組曲、ボッケリーニ:、コヴァーチ: ボヘミアの思い出、ピアソラ: リベルタンゴ、ゴドフスキー: なつかしのウィーン、ショスタコーヴィチ:より第2番、ドリ:Tsifteteli、ロジャース:私のお気に入り、ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 ホ短調、ボック:「屋根の上のヴァイオリン弾き」組曲(ロビー・ラカトシュ・ヴァージョン)、ヤーノシュカ:魅惑のダンス ザ・フィルハーモニクス (DG 002894767461)
所用で東京に行ったついでに、ディスクユニオン お茶の水クラシック館へ。時間もなかったので、弦楽四重奏とショスタコーヴィチ関連の買いそびれていた物に絞って探索。

残念ながら、弦楽四重奏は目ぼしいものが見当たらず、確保したのは1枚のみ。シューベルトの15曲中、最も好きな15番と断章のカップリングで、ここのところなぜか聴く機会の多いメロスQによるアルバムである。DGの全集ではなく、後期の第12~15番と弦楽五重奏曲をharmonia mundiレーベルに再録音したシリーズの一枚。誤解を恐れずに言えば、技術的に洗練されているとは言い難く、素人からしても突っ込みたくなるところは少なくない。にもかかわらず、武骨でありながらも人懐っこい力感のある情緒に満ちた音楽は、とても魅力的に響く。“ドイツ的”という形容がしっくりくる音の美しさといい、最良の意味での旧き佳き演奏である。残る「ロザムンデ」&「死と乙女」も、揃えておきたいところ。


残りは、全てショスタコーヴィチ作品。未架蔵の音盤があまり入荷していなかったので、目に付いたところから手当たり次第に確保。

若い指揮者とユースオーケストラとによるショスタコーヴィチの第10番は、知情意のバランスが極めて良くとれた、聴き応えのある演奏。鮮やかなアンサンブルで隅々までよく響く透明感のあるサウンドは、同時代のおどろおどろしい雰囲気を纏った演奏に親しんできた耳にはいかにも現代的だが、一方で流麗な音楽の運びから自然に立ち上る多彩な表情は、半世紀を経てこの音楽が時代の呪縛から解放されたことを感じさせてくれる。



P. ヤルヴィによるショスタコーヴィチの体制作品集は、時代と切り離すことができない、すなわち時代と共に淘汰される(=聴かれなくなる)と誰もが考えた作品を、純粋に音楽として現代においても価値のある楽曲として提示した、画期的なアルバムだろう。特筆すべきは、「我が祖国に太陽は輝く」。体制翼賛的なこけおどしの絶叫などなくても、これほどまでに満ち足りた高揚感のある音楽が成立し得ることに驚嘆した。「森の歌」も同じ路線だが、一気呵成の盛り上がりよりは、たとえば第6楽章の合唱などの静謐な美しさの方が印象に残る。この2曲に比べると、「ステパーン・ラージンの処刑」は常識的な仕上がり。作品そのものの出来のせいか、一貫したドラマトゥルギーに欠ける。


ドゥ・ラ・サールのデビュー盤は、3曲の「第1番」を集めたピアノ協奏曲集。演奏者の顔を大写しにしたアイドル風なジャケットに食指が伸びなかったが、決して力任せになることのない、コントロールの行き届いたとても綺麗な音に感心した。音楽の表情はやや単調ながらも、端正で伸びやかな音楽には好感が持てる。この音盤以降も順調に演奏活動を展開しているようだが、それも納得である。


コロベイニコフによるショスタコーヴィチのピアノ協奏曲全集は、沈潜した静的な音楽の美しさが傑出している。両曲とも、かなり遅いテンポでじっくりと弾き込んだ第2楽章が素晴らしい。一方で、速い楽章も同様の雰囲気をとっているため、やみくもな疾走感に欠ける点は好き嫌いが分かれるかもしれない。第2番第1楽章のカデンツァ以降には、充実した高揚感があり、これはコロベイニコフの解釈なのだろう。24の前奏曲は、1月26日のエントリーで紹介した「ロシア・ソ連の作曲家によるピアノ音楽のアンソロジー第1集」にも彼の演奏が収録されており、収録年も同一であるが、これとは別の演奏である。本盤の方が残響が豊かで静謐感のある録音のせいか、協奏曲と同様に沈思黙考するような響きの美しさが際立つ。


ベルギーのエリザベート音楽院出身の若手演奏家であるマンゴーヴァのデビュー盤。安定した技術と模範的な解釈は、演奏家の豊かな才能の片鱗を感じさせる。いたずらに飾り立てることなく素直に淡々と音を連ねることで作品の雰囲気を自然に表出したソナタ第2番、流麗に多彩な表情を繰り広げる前奏曲、共に聴き応えのある充実した演奏である。


「2006年のウィーン・フィル日本公演の際、リーダーのコヴァーチとコントラバスのラーツが福岡でしゃぶしゃぶを食べながら意気投合。その後メンバーを厳選し、2007年より活動を開始した“ノー・リミット・アンサンブル”」(ユニバーサルミュージックの公式プロフィールhttp://www.universal-music.co.jp/the-philharmonics/biography/より)である、ザ・フィルハーモニクス。颯爽とした格好良さの漂う音楽は、宣伝文句通り、上質のエンターテイメント。アンドレ・リュウとは全く別のテイストを持った「第二ワルツ」は、個々の奏者のセンスの良さが随所に感じられる楽しい演奏である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。