スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落穂拾い(大阪)

  • シューベルト:弦楽四重奏曲第15&12番 カルミナQ (Denon COCO-80263)
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第13&14番 メロスQ (Intercord INT 820.536)
  • ブルックナー:弦楽五重奏曲、間奏曲 メロスQ サンチャゴ (Va) (harmonia mundi France HMC 901421)
  • ボッケリーニ:弦楽四重奏曲 Op. 58-5、ドニゼッティ:弦楽四重奏曲第13番、プッチーニ:菊、3つのメヌエット、イザイ:パガニーニ変奏曲 Quatuor Arte del Suono (Pavane ADW 7309)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第14番 ロジャース (S) レイフェルクス (B) アシケナージ/NHK SO (Decca UCCD-1187)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1&2番、ピアノ五重奏曲 ヘルムヒェン (Pf) ユロフスキ/ロンドンPO (London Philharmonic Orchestra LPO-0053)
  • ピアソラ:バンドネオン協奏曲、3つのタンゴ ピアソラ シフリン/セント・ルークスO (Nonesuch WPCS-5071)
深い意味もなく、私の中ではディスクユニオン=お茶の水だったのだが、よく考えてみると昨年、大阪にもクラシックの専門店がオープンしていたことを思い出し、所在地を調べて足を運んでみた。仕事帰りに音盤屋なんて、何年振りだろうか。

ということで、ディスクユニオン 大阪クラシック館に初めて突撃。帰りのバスの時間の都合で30分くらいしか時間がなかったので、とりあえず配架の構成など、店舗全体をざっと見回り、先日の東京(6月12日のエントリー)と同様、ショスタコーヴィチと室内楽にのみ集中して探索してみた。

まずは、お茶の水で確保したメロスQのアルバムと全く同じ組み合わせの、カルミナQのアルバム。1970年前後に結成された団体が私にとって弦楽四重奏のデフォルトなのだが、「その次」の世代の筆頭がカルミナQであった。デビュー盤のシマノフスキ&ヴェーベルンをリリース直後に買いに行ったのも懐かしい。その後もそれなりに新譜を追ってはいたものの、いつの間にか私の関心から外れてしまった。このシューベルトの15番に聴かれるような極端な弱音は、彼らの得意とする卓越した技術の発露であり、その前の世代とは一線を画す弦楽四重奏の響きなのだが、要するに、私はこれが好みでない、ということなのだろう。彼らの考え抜かれた音楽は、素晴らしく彫琢されていて際立って巧いが、私の思い描くシューベルトの不健康で危うい陰のある妖しい美しさとは異なる。


昨年末の中古レコード・セールで、メロスQのベートーヴェン旧全集の大半を入手したが(2月24日のエントリー)、残る2枚の内、13&14番を収録した1枚を発見。もちろん、即確保。

さすがにベートーヴェンの後期にはまだ若かったようで、真摯に取り組んでいることは十分に伝わるものの、音楽の表情が単調であることは否めない。彼らの魅力である各パートがそれぞれ自由に盛り上がりつつも一体感が終始保たれる独特の奔放さは、少なくともこの録音の段階ではあまり感じられない。


ここしばらくメロスQづいている感もあるが、ブルックナーの弦楽五重奏曲も見つけた。こちらは彼らの円熟期である1990年代の録音。冒頭から、これぞドイツ・ロマン派という響きに満ち溢れ、時に冗長さも否めない楽曲の長さが愛おしくすらある。各声部がそれぞれ思いのままに歌い込んで形成される燃焼度の高い音楽は、シンフォニックに響きつつも室内楽でしかなし得ない緊密な大柄さ、とでもいった感じ。大満足の一枚。


ボベスコといえば、私が子供の頃にヴィオッティの協奏曲の“お手本”としてLPを愛聴した思い出がある。彼女が率いる弦楽四重奏団の録音は、ヴィオッティの弦楽四重奏曲集を架蔵しているのみだが、「Rare Works for String Quartet」と題するイタリア人作曲家の作品集が目についたので、これも入手。プッチーニの「菊」以外は、全て初めて耳にした作品ばかりだが(プッチーニのメヌエットは、遊びで弾いたことはあるが)、いずれも同じ作曲家の他の作品と印象は同じで、作曲家を代表する作品が選ばれているとは言い難い。“Rare”であるには違いないが。ただし、パガニーニのカプリース第24番をイザイが弦楽四重奏にアレンジ?した作品は、非常に面白かった。いつか弾いてみたいと思って調べてみたが、楽譜は未出版の模様。録音は他にクリプトスQのものがあるようで、プロアマ問わず需要はあると思うのだが、さすがに出版は難しいか?

演奏は、1st Vn主導の古いタイプのもの。ただし、どの曲もそのスタイルがよく合っているので、とりたてて不満はない。ブリリアントな響きも心地よく、楽しいアルバムである。


アシケナージがDeccaレーベルで録音したショスタコーヴィチの交響曲は、第4、13、14番の3曲がN響との組み合わせで、それぞれ1枚物でリリースされた後、すぐに全集ボックスになってしまい、単独の音盤は入手難になってしまった。中古屋で見かけることもなかったのだが、今回、第14番を発見。

ややもっさりとしたテンポだが、それがアシケナージの指揮技術ゆえなのか、本心からの解釈なのかは判然としないものの、じっくりと奏でられた響きはなかなか美しい。N響弦セクションの底力を見せつけられた感がある。寛いだ、と言ってよいだろう独特の雰囲気は、この交響曲とは異質のはずなのだが、一方で、鋭さ一辺倒の演奏では気付くことのできない甘美さを見出させてくれる興味深い演奏である。


ロンドンPOの自主制作盤はそれなりにチェックしていたはずなのだが、ヘルムヒェンというピアニストをフィーチャーしたアルバムの存在は全く知らなかった。これがなかなかの掘り出し物である。溌剌とした勢いに満ち、それでいて終始安定感のある優れた演奏。奇を衒うことのない、ごくごくオーソドックスな解釈なのだが、間然とすることなく一気呵成に全曲を聴かせてくれる。オーケストラの、手堅くも共感に満ちた熱いバックも立派。

ピアノ五重奏曲も悪くないが、こちらはもう少し練り上げられた緊密なアンサンブルを求めたくなるのが、正直なところ。


ピアソラのバンドネオン協奏曲は、特別好きというわけでもないせいか、最も有名なスタジオ録音をずっと買いそびれていた。ふと思い出した時には廃盤になっているという、負のスパイラル。没後10年くらいまでの間にCDでリリースされた音源はほぼコンプリートしているだけに長年の懸案であったが、いざレジに向かおうと振り向いたら「目が合って」しまったので、勢いで確保。

他のライヴ録音と比べると随分と落ち着いた演奏ではあるが、たとえば最後の録音となったハジダキス指揮の録音のような技術的な問題もなく、この曲を知るには最適の音盤のように思う。ただし、オーケストラは終始ムード音楽的に和声を鳴らしているだけで、ドライヴ感に乏しいのが残念。


スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. Tango_Piazzolla,A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。