閉店間際に室内楽の棚だけチェック

  • ショスタコーヴィチ(バルシャイ編):室内交響曲、アイネ・クライネ・シンフォニー、弦楽のための交響曲 ロス/ドミートリィ・アンサンブル (harmonia mundi HMU 907634)
  • ヴォルフ:弦楽四重奏曲、イタリアン・セレナード、間奏曲 ヴィハンQ (ArcoDiva UP 0029-2 131)
  • ブリテン:無伴奏チェロ組曲第1~3番 デ・サラム (Vc) (Disques Montaigne MO 782081)
仕事の帰り、ディスクユニオン 大阪クラシック館にふらっと寄り道。

バルシャイによるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲の編曲は、第8番の演奏および録音頻度が圧倒的に多く、次いで第10番がぼちぼち、残りは珍しい部類に入るだろうが、特に第1番はバルシャイ自身による2種の録音しかなく、ロス盤はこの曲を収録している点でコレクターの蒐集対象足り得る。第8番は手堅いアンサンブルで滑らかに奏でられるが、各フレーズの深い訴求力はなかなかのもので、水準の高い演奏である。大いに好感と期待をもって聴き進めたのだが、残念ながら第1番は技術的に苦しい箇所が少なくなく、楽しむことができなかった。第10番は少しマシだが、無難にまとまっている以上の印象はない。


ヴォルフの3つの弦楽四重奏曲を1枚に収録したアルバムは、探してみると意外にありそうでなく、ヴィハンQのこの音盤は以前からチェックしていたもの。水準の高いアンサンブルであることは言うまでもないが、彼らの音色が、19世紀末の爛れた濃厚な味わいを持つヴォルフの音楽に何とも相応しい。最も知名度の低い「間奏曲」の、どこか不消化で未完成感の残る断片的な旋律のそれぞれが、渋く名状し難い魅力を放っているところに、私は強く惹きつけられた。


6月4日のエントリーで、デ・サラムによるブリテンの無伴奏チェロ組曲の音盤に不良があり、最後の1トラックだけ聴けなかったことを記した。わざわざ探して買い直すほどのモチヴェーションはなかったのだが、運良く棚に並んでいるのを見つけた。一件落着。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター