FC2ブログ

ヴィオラとトランペットのソロ・アルバム

  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ、ハチャトゥリャーン:無伴奏ヴィオラのためのソナタ・ペスニャ、プロコーフィエフ(ボリソーフスキイ編):バレエ「ロメオとジュリエット」より6つの小品 ピェルシュカ (Va) クーダ (Pf) (Artesmon AS 712-2)
  • 酒井 格:3つの小品、ショスタコーヴィチ(シロズヴィチ編):3つの幻想的な舞曲、フランセ:ソナチネ、ムーソルグスキイ(シロズヴィチ編):展覧会の絵、さだまさし(織田栄子編):北の国から、シルヴァ:3本のトランペットと2本のフリューゲルホルンのための組曲 白水大介 (Va) 久保千尋 (Pf) (Wako Records WKCD-0028)
アリアCDから、少し前に目について注文していた音盤が届いた。以前から存在はチェックしていたのだが、今まで入手しそびれていた。チェックしていた理由は、これまで聴く機会に恵まれなかったハチャトゥリャーンの無伴奏ヴィオラ作品。まだ聴き込んでいない上に楽譜も見ていないので、楽曲の内容を云々することはできないが、単音の並びから独特の民族的な雰囲気が浮かび上がってくる辺りは、ハチャトゥリャーンの面目躍如といったところ。作曲家の晩年の作品ということもあってか、渋みが強い。

ヴィオラのピェルシュカは、この録音の20年前にもショスタコーヴィチのソナタを同じピアニストと録音している。技術的な切れ味は旧盤に劣るが、ゆったりとした音楽の懐の深さは本盤に軍配が上がる。ただし、鋭さや厳しさとは無縁の解釈は共通しており、残念ながら物足りなさもまた共通している。

「ロメオとジュリエット」からの6曲は、ボリソーフスキイの編曲が秀逸。


関西フィルハーモニー管弦楽団のスター・プレイヤーであるトランペットの白水大介氏のソロ・アルバムは、リリース間もない時に、知人から「ショスタコーヴィチも入っているので、是非聴いてみて」と貸していただいたのだが、すっかり失念していて、気がつけば10年近く経ってしまった。今さらですが、慌てて聴いてみました。

トランペットの技術的な詳細については不案内だが、全体にロングトーンの伸びやかな力強さが印象に残る。ドクシーツェルのような派手さとは対極ながらも、端正さの中に十分な華やかさもあり、トランペットの魅力が存分に発揮されたアルバムである。

ショスタコーヴィチは、オリジナルのピアノ独奏版に聴かれる硬質で乾いた情感よりも、気だるさを感じさせる頽廃的な雰囲気がより前面に出ている。「展覧会の絵」では、曲毎に使用楽器を変えたり、シルヴァの作品では多重録音に取り組んだりと、意欲的な試みも満載だが、たとえば、「展覧会の絵」の冒頭のレガートのように、楽曲の要求に真摯に応えるような演奏姿勢そのものが好ましい。収録曲の中では、オリジナル作品であるフランセのソナチネが気の利いた楽しい曲で、演奏も聴き応えがあった。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター