カラヤンの「プロムナード・コンサート」

  • タネーエフ:日の出、セレナーダ、夜のヴェネツィア、山頂、松の木、混声合唱のための12の合唱曲より~プロメテウス(第8曲)、墓で(第1曲)、夕べ(第2曲)、ごらん、なんという霧(第4曲)、山に二つの暗い雲がかかり(第11曲) ユルロフ/国立アカデミーcho. (Melodiya 33CM 01941-42 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:革命詩人による10の詩 イルジン/スロヴァキア・フィルハーモニーcho. (Opus 91120787)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第9番、ピアノ協奏曲第1番 ラディチ (Pf) セラク (Tp) ホルヴァート/ザグレブPO (Philips 835 318 AY [LP])
  • ワルトトイフェル:スケーターズ・ワルツ、J. シュトラウスII:トリッチ・トラッチ・ポルカ、J. シュトラウス:ラデツキー行進曲、シャブリエ:狂詩曲「スペイン」、楽しい行進曲、J. シュトラウスII:ポルカ「雷鳴と稲妻」、スッペ:「軽騎兵」序曲、ヴァインベルゲル:歌劇「バグパイプ吹きのシュヴァンダ」よりポルカ、オッフェンバック:喜歌劇「地獄のオルフェ」序曲、 カラヤン/フィルハーモニアO (Columbia FCX 512)
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から。今回はちょっとトラブルがあって、いつも通りにサイトからオーダーしたにも関わらず、なぜかList No.違いの音盤が確認メールに記載されていた。すぐに修正を求めたところ、当初オーダーした音盤は加えられたのだが、一方で間違ってオーダーされた音盤については何度メールしてもキャンセルしてもらえなかった(というより、返信がなかった)。たかが1枚、それも稀少盤ではないので、あまりとやかく言うつもりはないのだが、何となくもやもやが残る。

タネーエフの合唱曲集は、ほとんどが初めて聴く楽曲である。ロシアのローカル色豊かな声と、やや暗めの甘い情緒に心を揺さぶられた。ただ、アレーンスキイなどとは異なり、どこか理屈っぽい硬さも感じられ、その美しさにもかかわらず、これらの作品がそれほど広く聴かれていないのも宜なるかなというところ。


ショスタコーヴィチの「10の詩」は、ジダーノフ批判期の作品80番台に特有な透明感が印象的な作品だが、この演奏は声そのものも表現も、いかにも力不足な感が否めない。ロシア風の鋭い女声や野太い男声が必須とは思わないが、小奇麗にまとめられているだけではあまりにも訴求力がない。


ホルヴァート指揮のショスタコーヴィチの交響曲第9番は、Radio-Televizije Beograd盤で既に架蔵済み(2010年5月18日のエントリー)。今回は、ラディチ独奏のピアノ協奏曲第1番目当て。手堅い演奏ではあるが、独奏もオーケストラも技術的な精度はそれほど高くない。全体に切れ味不足で、残念ながら印象に残らない。


さて、期せずして聴くことになったのが、カラヤンのアンコール集。初出時のアルバム・タイトルが何だったのか確たるところは知らないが、今回入手した音盤は収録曲も曲順もオリジナルの構成だと思われる。いささか雑駁な選曲ではあるが、「お楽しみ箱」的な名曲集としては十分以上に気が利いている。国も様式もまちまちで、本来ならば「それぞれを見事に描き分けている」ことが評価されるのだろうが、このアルバムの凄さは「徹頭徹尾カラヤン」であることだ。フィルハーモニア管とのコンビということもあるのか、颯爽とした機能性が前面に出た演奏で、鳴らすべきは鳴らし、歌うべきは歌う、といった爽快感は、カラヤン以外に望むべくもない。

聴くつもりのなかった音盤の満足度が最も高かったというのも皮肉だが、ここは素直に、守備範囲外の素晴らしい音楽との出会いを喜んでおこう。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター