FC2ブログ

【楽曲解説】ハイドン:弦楽四重奏曲第41番

Franz Joseph Haydn
フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732~1809)


Streichquartett Nr. 41 G-dur, Op. 33-5 (Hob.III-41)
弦楽四重奏曲第41番 ト長調 作品33-5(Hob.III-41)



 ハイドンの「ロシア四重奏曲」(1781)は、前作「太陽四重奏曲」作品20(1772)からおよそ10年を経て50歳を目前にしたハイドンが世に問うた、新たな工夫に満ちた6曲から成る曲集です。その5曲目である第41番は、彼の弦楽四重奏曲の中で初めて冒頭に序奏部が置かれた作品です。初版時は曲集の1曲目にこの作品が配置されていたことと関係があるのかもしれません。19世紀の英国では、この序奏がお辞儀の仕草を想起させることから「ご機嫌いかが」「挨拶」などの副題が付けられました。
 この軽妙で簡潔な序奏で始まる第1楽章は、序奏の動機が楽章全体に渡って活用され、序奏のエコーで閉じられます。第2楽章は、一転して短調の物悲しく美しい旋律を第1ヴァイオリンが連綿と歌い上げる歌謡楽章。グルック(1714~87)のオペラのアリアを思わせる、抒情的かつ劇的な音楽です。スケルツォの名に相応しい諧謔味を湛えたリズムの工夫が愉しい第3楽章に続き、シチリアーナの主題による変奏曲で全曲が終えられます。バロック期に大流行した舞曲であるシチリアーナを終楽章に採用したのは、同じく古い形式であったフーガを「太陽四重奏曲」中の3曲で終楽章に用いたことと呼応するのかもしれません。一聴してすぐにお気づきになられると思いますが、この主題を短調に変えて同じく変奏曲に仕立てたものが、モーツァルトの第15番ニ短調KV421の終楽章です。「ロシア四重奏曲」と「ハイドン・セット」とを結ぶ、ハイドンとモーツァルトとの親交を窺わせる楽章と言ってもよいでしょう。
 なお、「ロシア四重奏曲」という呼称は、この曲集がロシア大公(エカチェリーナ2世の息子で、後のロマノフ朝第9代皇帝パーヴェル1世)に献呈されたことに由来します。ベートーヴェンの「ラズモフスキー四重奏曲」とは異なり、音楽面でロシアに関係する要素はありません。


シュペーテ弦楽四重奏団 第8回公演(2018年4月14, 22日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Haydn,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター