FC2ブログ

【楽曲解説】シューベルト:弦楽四重奏曲第12番「四重奏曲断章」

Franz Peter Schubert
フランツ・ペーター・シューベルト(1797~1828)


Streichquartett Nr. 12 c-moll, D 703 „Quartettsatz“
弦楽四重奏曲第12番 ハ短調 D 703「四重奏曲断章」



 シューベルトが弦楽四重奏曲第11番ホ長調D 353を書いた1816年は、彼が職業作曲家を自身の進路として自覚するに至った年です。この年以降、後にシューベルティアーデと呼ばれることになる友人達の集いの始まりや、自作の初の公開演奏、歌劇をはじめとする劇場作品への取組みなど、それまでとは一線を画す創作活動が展開されていくことになります。それはまた同時に、世間の評価との闘いの始まりでもありました。その結果、1819~23年頃のシューベルトは、特に器楽曲の分野において大きなスランプに陥ってしまいます。この第12番は、まさにこうした苦悩の最中の1820年に着手されました。
 第2楽章を41小節書いたところで放棄されてしまったために「断章」の名で呼ばれるこの作品は、緊迫感の漲る悲劇的な性格と、徹底して旋律的な動機、再現部を第2主題で開始するアーチ型の楽曲構造など、シューベルトの個性が存分に発揮されているだけでなく、古典派の枠を超えてロマン派の到来を告げる完成度の高い新しさを有しています。ベートーヴェンの第12番 作品127が1825年の作曲であることを考えると、この作品の斬新さは明らかでしょう。第1楽章しか完成されなかったことは、変イ長調で書かれた第2楽章の断片の美しさゆえにつくづく残念ですが、しかしこの単一楽章はシューベルト後期の独創的な音楽世界の嚆矢とするに相応しい充実した名曲です。


シュペーテ弦楽四重奏団 第8回公演(2018年4月14, 22日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Schubert,F.P. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター