FC2ブログ

【楽曲解説】ドビュッシー:弦楽四重奏曲

Claude Debussy
クロード・ドビュッシー(1862~1918)


Quatuor à cordes en sol mineur, opus 10
弦楽四重奏曲 ト短調 作品10



 普仏戦争(1870~1)の敗戦を機に高揚したフランスのナショナリズムは、音楽界においては「国民音楽協会」の設立をもたらしました。そして、発起人の一人であるサン=サーンス(1835~1921)やフランク(1822~90)、フォーレ(1845~1924)といった作曲家達が、近代フランス音楽の幕を開けることになります。そこでは、ワーグナー(1813~83)の圧倒的な影響下から出発しつつも、一方で脱ワーグナーが模索されました。それは、脱ロマン主義、脱ドイツ音楽を意味していました。
 今年没後100年を迎えたドビュッシーが国民音楽協会に入会したのは1889年のことですが、同年のパリ万国博覧会でインドネシアの民族音楽ガムランに接したり、ワグネリズムの限界を悟ってアンチ・ワグネリアンに転向したり、象徴派の詩人マラルメ(1842~98)の知己を得たりするなど、この年は彼にとって大きな転機となりました。その4年後、31歳の若きドビュッシーが発表したのが、この弦楽四重奏曲です。国民音楽協会の定期演奏会においてイザイ四重奏団が初演し、同団に献呈されました。
 この作品には、こうした背景が全て反映されています。古典的な楽章構成と、「作品10」という堅苦しい番号付け(本作以外にドビュッシーが作品番号を付けた楽曲はありません)にはサン=サーンスの保守主義が、3つの楽章で採用されている循環形式にはフランクの影響が、そして循環主題でもある第1楽章冒頭の第1主題にフリギア旋法が用いられていることにはフォーレの和声の趣味が、それぞれ投影されていることは明白です。その上で、機能和声(心地よく感じられる和声の進行)からの逸脱、調性感(長調・短調)の不明瞭化、個々の和声が持つ色彩を重視した音響感覚、声部間で異なるリズムを用いてリズムの輪郭を曖昧にすることなどの、ドビュッシー独自の作曲技法が余すところなく披露されています。さらに、この曲の和声の連なりにガムランの影響を指摘する向きもあり、ロシア五人組にも影響を受けていたドビュッシーの異国趣味の片鱗も窺うことができます。
 ドビュッシーの音楽は、上述した彼の作曲技法が、外光を表現するための色彩理論や輪郭線の処理といった印象派の絵画の技法に類比できることから「印象主義」とされますが、彼の創作の根本にあったのは「象徴主義」でした。ドビュッシーは師ギロー(1837~92)に、こう語っています:「言葉が表現する力のなくなったところ、そこから音楽がはじまる。いうにいわれぬもののために、音楽が作られる。影から出てきたような気配があって、そして瞬時にしてそこに戻ってしまう、そんな音楽。いつも控え目にしているひとみたいな、そんな音楽が書きたいのです」。循環主題が唯一現れない第3楽章の、揺れ動く和声の中に流れる洗練された、それでいて官能的な旋律が醸し出す個性的な雰囲気は、こうしたドビュッシーの芸術の極致と言えるでしょう。


シュペーテ弦楽四重奏団 第8回公演(2018年4月14, 22日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Debussy,C. 演奏活動_DasSpäteQuartett

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター