FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の視聴録

  • モーツァルト:弦楽四重奏曲第15番より第1&4楽章、メンデルスゾーン:弦楽四重奏曲第2番 アロドQ (2017.12.14 録画 [NHK BSプレミアム(2018.5.7)])
  • ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第1、2、4楽章、ラヴェル:弦楽四重奏曲 モディリアーニQ (2015.11.26 録画 [NHK BSプレミアム(2018.5.9)])
  • ヒナステラ:弦楽四重奏曲第1番より第1、3、4楽章、スメタナ:弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」 ストリング・クワルテットARCO (2016.12.8 録画 [NHK BSプレミアム(2018.5.10)])
  • アサーフィエフ:バフチサラーイの泉 グルージン/マリイーンスキイ劇場 (2017.5.27 & 28 録画 [NHK BSプレミアム(2018.5.21)])
  • パリ・オペラ座「エトワール・ガラ」来日公演 (2016.8.5 & 6 録画 [NHK BSプレミアム(2018.5.21)])
テレビ番組の放送予定をマメにチェックしなくなって久しいが、ふと思いつきでケーブルテレビのジャンル検索をしてみたら、運よくクラシック倶楽部で弦楽四重奏が立て続けに放送されるのを見つけたので、兎にも角にも録画してみた。

結成からようやく5年になろうとするフランスの若手アロドQは、個々人の高い技術に基づくしなやかな歌とアンサンブル、そして各人の美音に耽溺することなく知的にコントロールされた響きの多彩さという点で、現代の弦楽四重奏団の典型と言ってよいだろう。4人の同化の仕方も、いかにもカルテットといった雰囲気で、音楽表現がいささか直線的で単調ではあるものの(これは、メインのメンデルスゾーンが若書きの作品であることも影響しているのかもしれないが)、今後の深化と発展が期待される団体である。

同じくフランスのモディリアーニQは、結成から15年を迎えようとする中堅の団体。ここで収録された演奏会では、諸事情でチェリストの代理を元イザイQのコッペイが務めているが、残る3人の弾きぶりを見るに、基本的にはいつも通りの自分達の音楽を奏でているように推察される。ドビュッシーもラヴェルも、何よりも高い技術水準が前提となる作品であるが、個人技のみならずアンサンブルにおいても、モディリアーニQは十分以上にそれをクリアしている。4人が一体となった溌剌とした勢いの良さも聴き手を惹きつける。ドビュッシーの四重奏曲は、シュペーテQでつい先日弾いたばかりなので、ボウイングやフィンガリングにも参考になるところが多々あったが、それはまたいつか、次の機会に活かすことができればと思う。

日本を代表するオーケストラの首席奏者達が集まった(結成当初のポジションは当然異なっていたわけだが)ストリング・クワルテットARCOの映像は、結成20周年の記念演奏会を収録したもの。快刀乱麻を断つ、というのとは異なるが、4人ともそれぞれに安心感のある技術水準を有した、実力者のグループである。ただ、どうしても「カルテット」とは異種のアンサンブルのように感じられてならない。何を“合わせよう”とするのか、その意思のベクトルが、オーケストラ的なアンサンブルを志向しているとでも言えばよいのだろうか。この違和感の理由を明解に言葉にすることができないのはもどかしいが、いずれにせよ、ここで聴く音楽には満足することができなかった。

アサーフィエフのバレエ「バフチサラーイの泉」の舞台が、プレミアムシアターで放映されたのには、驚いた。作曲家アサーフィエフの名前を、その具体的な音楽と共に知っている人は、わが国でもそう多くはないだろう。若きショスタコーヴィチの敵役としての音楽学者アサーフィエフですら、それほどの知名度はないはず。そんなアサーフィエフの代表作を、初演以来レパートリーとしているマリイーンスキイ劇場の舞台で観ることができるのは、極めて貴重な機会である。

ということで楽しみに視聴したのだが、肝心の音楽が退屈なのに閉口した。『ロシア音楽事典』の記述によれば、「20世紀のクラシック・バレエの大きな潮流の一つとなったジャンル『ドラマティック・バレエ』の先駆けとなった作品」で、「(マリーヤ役の)ウラーノヴァの名演は後世の理想的モデルとなっている」そうだが、バレエの舞台に不案内な私にとっては、舞台装置や衣装の壮麗さを楽しむことはできても、そうした振り付けや舞踊技術の妙などもよくわからず、頼みの音楽がこの出来では(演奏が悪いというわけではないように思う)どうしようもない。とりあえず、資料として大事に保存しておくことにしよう。

番組後半のパリ・オペラ座による「エトワール・ガラ」は、簡素な舞台装置にもかかわらず、純粋に華やかで美しい、楽しい舞台であった。ショスタコーヴィチを批判した論調やプーシキンの原作の雰囲気などから、「バフチサラーイの泉」にもこういう美しさを期待したのだが、アサーフィエフがバレエで目指した美しさの方向性は、どうもそれとは違う物のようだ。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。