FC2ブログ

いまさらながら、2010年代前半の注目盤

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ネルソンス/バーミンガム市SO (Orfeo C 852 121 A)
  • ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1&2番 アルカディアQ (Orchid Classics ORC100036)
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲全集 ベルチャQ (Alpha ALPHA262)
アリアCDで、目に付くままにオーダーしたものがまとめて届いた。

近年とみに評価を高めている指揮者の一人であるネルソンスは、音楽監督を務めているボストン響とショスタコーヴィチの交響曲を録音するプロジェクトを2015年から進行中だが、この第7番はそれに先立つ2011年のライヴ録音。ネルソンスの演奏は、アラベラ・美歩・シュタインバッハーの独奏によるショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番の録音で聴いたことがあるのみで、この音盤の印象が良くなかったため、世評が高くなってきてもなお触手が伸びなかった。

ところが、この第7番のライヴは、最良の意味においての現代的な演奏で、全楽章を通して非常に感じ入ってしまった。オーケストラの機能はそれほど高くないのだが、隅々まで目配りの行き届いたアンサンブルと、スコアを逸脱することなく、それでいて情感と熱量が十分に込められた音楽は、流麗かつ端正でありながらもスケールの大きなもの。両端楽章の心の底からの共感を窺わせる盛り上がりも素晴らしいが、中間の2つの楽章のニュアンスに満ちた音楽はこの演奏を際立たせており、特筆に値する。音楽の流れや佇まいを歪めることなく、ごく中庸で標準的なテンポを採りながらも、その内容の訴求力は群を抜いている。


ルーマニアの弦楽四重奏団であるアルカディアQのデビュー盤であるヤナーチェクの2曲は、これらの作品の決定盤と言いたくなるほどの完成度である。2014年の大阪国際室内楽コンクールで優勝する前の録音だが、2005年の結成後、既にいくつかの国際コンクールで華々しいキャリアを積んでおり、若々しさと同時に堂々とした貫禄も感じられる。

ヤナーチェクの“田舎臭さ”よりも、表現主義的な前衛的な響きが前面に押し出された演奏で、若きハーゲンQの録音を彷彿とさせるが、技術的な鮮やかさと完成度は比較にならないほど本盤の方が高い。時に暴力的なまでの刺激的な鋭い激しさが印象的だが、夢と不安が同居しているような弱奏部の雰囲気の表現力は圧倒的。スメタナQの秘技を尽くしたような老獪さとは対極にある演奏だが、晩年のヤナーチェクの精力に満ちた激しい若々しさを直截的に表出した、極めて印象的な名演である。


数度のメンバー交代を経て押しも押されぬ中堅団体となったベルチャQが、現在に至るメンバーになってから満を持してリリースしたベートーヴェンの全集は、知る人ぞ知るといった感じで、絶賛する人が少なくない割にその名が挙げられることがあまりなく、私もこれまで入手する機会がなかった。

ヴィブラートの抑制的な使用、弱音を活かした繊細な響き、洗練されたアンサンブル……といった現代の名団体に共通する長所を全て備えた、よく考え抜かれた演奏という印象である。初期から後期に至るまで、いずれの作品においても高い水準で仕上げられている。

しかし、あまりに弱音に拘り過ぎた結果、音楽の焦点がぼやけたり、過剰な緊張感が楽曲全体の集中力を削いだりする箇所が多いのは、私には受け入れられない。しかも、ほとんどのクレッシェンドの息が短く、急激に音量を増した結果のフォルテが悉く汚いのも気になる。たとえば第16番の第3楽章では、楽章全体が第2変奏のPiù lentoと同じ音量で、楽章の核となるこの変奏の印象が薄まっている上に、頂点のフォルテが鋭いだけで興を削いでいる。こうした弱音重視の意図はよく分かるのだが、やはり全体を俯瞰したデュナーミクのバランスが大切で、この全集に聴かれる極端な偏りは、むしろアンサンブル技術の誇示にしか聴こえない。

とはいえ、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲を聴く愉しみは、十分に味わうことができた。多くの全集ではほぼ番号順に収録されているのに対し、本全集は1枚が1つの演奏会のような曲順で収録されているのも良い。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Beethoven,L.v.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター