FC2ブログ

ABQの揺籃期

  • ショスタコーヴィチ:交響詩「ステパーン・ラージンの処刑」、交響曲第2番 ハナーク (B) スロヴァーク/スロヴァキアPO & cho. (Supraphon SUA ST 50958 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:「ミケランジェロの詩による組曲」より第1、4、5、10、11曲、交響曲第1番 ノヴァーク (B) クリメシュ (Pf) コウト/チェコPO (Panton 11 0604 H [LP])
  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガより第24番、弦楽四重奏曲第6~8番 ダフォフ/トルブーヒンCO (Balkanton BKA 12305/6 [LP])
  • ハイドン:交響曲第1番、J. C. バッハ:シンフォニエッタ ハ長調、L. モーツァルト:シンフォニア・ダ・カッチャ ト長調、J. シュターミッツ:マンハイム交響曲 ト長調 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 6298 [LP])
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲第14&12番 エンゲル (Pf) ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 6319 [LP])
  • メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲第9番、八重奏曲 ウィーン・ゾリステン (Metronome 201.818 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から届いた荷物は、ショスタコーヴィチ関係が3枚に、4月25日のエントリーで触れたウィーン・ゾリステンのアルバムが3枚の、計6枚という内容。

スロヴァーク/スロヴァキア・フィルのアルバムは、「ステパーン・ラージンの処刑」はPraga盤CDで、交響曲第2番はOpus盤LPでどちらも架蔵済み。Praga盤は音質をかなりいじっているのか、「ラージン」は細部の印象が異なる箇所もあるものの、いずれにせよそれほどの演奏ではない。一方の交響曲第2番は洗練さに欠けるものの、聴き応えはある。


ショスタコーヴィチの最晩年の歌曲と最初期の交響曲とをカップリングしたアルバムは、歌曲がピアノ伴奏である上に抜粋であることなど、その企画意図はよくわからない。ミケランジェロ組曲は、あまり意味の感じられない抜粋の仕方であることを除けば、録音で取り上げられる機会のそれほど多くないピアノ伴奏版であるだけでなく、独唱も伴奏ピアノも地に足のついた存在感のある立派な歌唱であり、一聴の価値はある。交響曲は、颯爽とした切れ味には不足するものの、各楽章の特徴が模範的に描き分けられており、作品を十分に楽しむことができる。


ブルガリアの弦楽合奏団によるショスタコーヴィチ・アルバムは、全曲オリジナルの編曲による演奏のようだ。編曲者が一切記載されていないために詳細は不明だが、有名な第8番もバルシャーイ版とは異なる。第8番以外は必ずしも弦楽合奏の形態が相応しいとは言い切れない楽曲ではあるものの、熱のこもった共感が溢れ出すような勢いのある演奏で、技術的にはやや鈍重ながらも聴き手を惹き込む力を持った演奏である。


ウィーン・ゾリステンによる初期古典派のアルバムは、全編に渡って活力が漲り、生気のあるリズムと技術面の清潔さが何とも心地よい。1980年代前半のアルバン・ベルクQの音楽に通じるものがある。この響きの形成に、この団体の録音の多くで指揮をしているベッチャーがどのように関わっているのか、あるいは関わっていないのか、知りたいところではある。


エンゲルを独奏に迎えたモーツァルトのピアノ協奏曲集は、落ち着いた渋みを漂わせつつも清冽で上品な情緒を紡ぐエンゲルの独奏と、爽やかな活気を持った端正なオーケストラとの組み合わせが地味ながらも何とも魅力的である。第12番はこの30年近く後に、アルバン・ベルクQがブレンデルと共演して録音している。この選曲の背景に、ピヒラーの若き日の経験があった……のかもしれない。


メンデルスゾーンの作品集は指揮者の名前がクレジットされていないので、指揮者なしの演奏なのだろう(演奏者の名前は全てクレジットされている)。ピヒラーの弾く八重奏曲を期待していたのだが、残念ながら第1ヴァイオリンは別人。メッツェルとバイエルレは参加している。チェロが若干弱い感じはするものの、内声が充実した精度の高いアンサンブルで、ウィーン・ゾリステンという団体の底力、あるいはこの団体に参加していた演奏家達の水準の高さを感じ入らせてくれる演奏である。弦楽のための交響曲も、極めて室内楽的な演奏であり、ピヒラーが精力的にリードしている様子がそこはかとなく窺えるような音楽となっている。


ウィーン・ゾリステンには、モーツァルトのセレナードや、後期バロック~初期古典派の各種協奏曲などの録音がまだまだあるようだ。私自身が架蔵していないレパートリーがほとんどなので、目に付いたらぼちぼち買い集めていきたいと思う。
スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_DieWienerSolisten

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター