FC2ブログ

長年探していたCD

  • アレーンスキイ:歌劇「ラファエロ」、ショスタコーヴィチ:組曲「馬あぶ」より スミルノフ/モスクワ放送SO & cho.他、ソヴィエト国立映画省O(Marans)
  • グラズノーフ/ソコローフ/リャードフ:ポルカ「金曜日」(「金曜日の曲集」より)、リームスキイ=コールサコフ他:ロシアの主題による変奏曲、グラズノーフ/リャードフ/リームスキイ=コールサコフ:命名祝日四重奏曲、リームスキイ=コールサコフ/リャードフ/ボロディーン/グラズノーフ:「B-la-F」の名による弦楽四重奏曲 ショスタコーヴィチQ(Olympia OCD575)
ブログや音盤批評系の書籍などでその存在を知ったものの、おそらくは初期の販売数が少なかったためにその後入手できずにいる音盤は少なくない。2012年5月11日のエントリーで触れたヴィクトル・スミルノフという指揮者のMARANSレーベルのCDはそんな一枚であったが、つい先日、米amazonで中古盤が出品されているのを見つけてようやく入手が叶った。と言っても、この音源自体はSpotifyのリストなどにあるので、メディアに拘らずとにかく聴くというだけならばそう難しくないと思われる。

ジャケット等から判断するに、指揮者の子供が自主制作に近い形でCD化したものなのだろう。ディスクの品番は記載されていないし、そもそも「МАРАНС」というレーベル自体を見かけたことがない。何らかの事情でその存在が忘れ去られた指揮者なのだろうが、本盤に収録されているアレーンスキイの歌劇は、LPが中古市場で流通している(2012年5月11日のエントリー)。

「馬あぶ」の方は、おそらく完全初出音源と思われる。アトヴミャーンによる組曲(全12曲)から9曲が抜粋され、曲順が入れ替えられている。組曲版の全曲録音は既に複数あるので、このことがマイナス・ポイントとなることはないだろう。いや、この演奏を聴いた後では、残る3曲も(長さも内容もそれほど重要な曲ではないが)録音して欲しかった!と思うことはあるかもしれない。録音状態はすぐれないし、オーケストラは技術的にめっぽう荒い。しかしそうした欠点は、隅々まで甘美で悲劇的な情感と力感に満ちた、大柄で壮大な音楽の前では問題にすらならない。どこか肩の力が抜けた感じで始まる第1曲「序曲」が数小節進んだ時には、もうこの演奏の虜である。ショスタコーヴィチというより、ロシア音楽を代表する映画音楽を聴いた、とでも言いたくなるような充足感が得られる。現時点では、E. ハチャトゥリャーンの全曲盤を抜いて、本盤を決定盤としてよいだろう。


もう1点、ベリャーエフ・グループの作曲家達が仲間内で合作した弦楽四重奏曲集のアルバムも、ふと思い出してAmazonで検索したところ、安くはなかったが、中古屋巡りのルーティーンに入れて気長に探すのも面倒なので、勢いでオーダー。

このアルバムは、率直に言って、史料的な意味合いが強い。ショスタコーヴィチQによる演奏は手堅くもロシア情緒に満ちた立派なもので、これらの作品を知る上でとりあえずは、本盤が手元にあれば十分だ。リームスキイ=コールサコフ、グラズノーフ、リャードフの3人は、収録曲のほぼ全てにおいて参加しているが、いずれも力作ではあるものの、小品なのか弦楽四重奏曲(の1つの楽章)なのか、中途半端な感は否めない。「ロシアの主題による変奏曲」は、いかにもやる気のないスクリャービンの変奏を含む10の変奏から成るものの、作曲家が全て異なる割りには変奏の多彩さには欠ける。唯一、ボロディーンによる「B-la-F」四重奏曲の第3楽章「スペイン風セレナード」だけが、本盤の中で傑出した名曲である。



ちなみに、「ロシアの主題による変奏曲」の主題は、ロシア民謡なのかリームスキイ=コールサコフの創作なのかが解説によってまちまちだが、正しくは「Надоели ночи надоскучили」というニジニ・ノヴゴロド地方のロシア民謡である。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター