FC2ブログ

中古盤3題

  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ シャフラーン (Vc) ムシニアン (Pf) (Supraphon LPM 304 [10"mono])
  • ショスタコーヴィチ(オストランダー編):4つの前奏曲、デュボア:トロンボーンとピアノのための組曲、ロバートソン:朗詠と5つの省察、マルチェッロ(ベーコン編):ソナタ、フラッケンポール:ショスタコーヴィチの行進曲による変奏曲 R. クライダー (Tb) J. クライダー (Pf) (Lyric Trombone LT-1002 [LP])
  • テレマン:組曲「ドン・キホーテのブルレスケ」、パーセル:「妖精の女王」からの組曲第1&2番、ハイドン:ディヴェルティメント「エコー」 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo AVRS 130.020 St [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から3枚が届く。

シャフラーンが弾いたショスタコーヴィチのチェロ・ソナタは、1940年代のショスタコーヴィチとの共演盤に始まって全部で4種類の録音があるが、このムシニアン盤は2回目の録音である。どこか鼻の詰まったようなシャフラーンの音色は私の苦手とするところだが、本盤では余裕のある柔らかで幅の広い音色であり、それがたとえ録音状態に起因するものだとしても、大変好ましく聴くことができた。全体的にゆったりとした音楽に仕上がっているのは、シャフラーンの全ての録音に共通する特徴であり、本盤でも前衛的な鋭さよりも前時代からの連続を感じさせる暗いロマンが前面に押し出されている。


「The Lyric Trombone Vol. II」と銘打たれたアルバムは、ディスク番号などの体裁からすると恐らくプライヴェート盤に近いものではないかと思われる。現代作品が中心に収録されているが、正直なところ、唯一のクラシカルな作品であるマルチェッロのソナタが最も充実した作品である。私の目当てであったショスタコーヴィチの前奏曲は、トロンボーンの演奏技術に関してはそのまろやかな音色も含めて非常に優れているものの、原曲の旋律線を随所で変更している編曲には残念ながら違和感が強い。最後に収録されている「ショスタコーヴィチの行進曲による変奏曲」は、「子供のノート」の第1曲を主題とする変奏曲。まさかのチョイスで、面白かった。


今回もまた、ウィーン・ゾリステンの録音を1枚入手。本当はもう1枚が本命(モーツァルトのセレナーデ集)だったのだが、そちらは残念ながら入手叶わず。本アルバムの3曲は全て初めて聴いた。中期バロックのパーセル、後期バロックのテレマン、初期古典派のハイドンという構成だが、いずれも当時既に複数のレコード録音があった楽曲であり、この団体ならではの演奏を聴かせようとする意欲に満ちている。弦楽合奏としての技術水準はモスクワ室内管などに匹敵する最高峰であり、現代の学究的な古楽演奏からすると古臭い解釈には違いないだろうが、隅々まで音楽の息吹に満たされた「ウィーン」の名に恥じないアンサンブルは、本盤においても健在である。最後のハイドンだけは作品自体が退屈……と思ったら、疑作とのことらしい。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_DieWienerSolisten

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター