ペーパードライバー

  • ハイドン:弦楽四重奏曲第72番 作品74-1、シューベルト:弦楽四重奏曲第12番、レーガー:弦楽四重奏曲 作品121 ケッケルトQ (Orfeo C 319 931 B)
  • シューベルト:弦楽五重奏曲 メロスQ ベッツェル (Vc) (harmonia mundi france HMC 901494)
  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ ドルジーニン (Va) ムンチャン (Pf) シャフラン (Vc) ギンズブルグ (Pf) (Victor VICC-2049)
  • モーツァルト:交響曲第30、31、32番 レヴァイン/ウィーンPO (DG 419 146-2)
  • メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲第10番、モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番、ラヴェル:カディッシュ、ヴェレシュ:4つのトランシルヴァニア舞曲集、ショスタコーヴィチ:室内交響曲 トネッティ/オーストラリア国立室内合奏団 (Sony SICC 137)
子供の幼稚園入園などを控え、いきなりを購入。1995年に免許をとって以来、直後に1回運転した以外は完全なペーパードライバー。まぁ、それでも何とか運転にも慣れてきた。ドライブがてら車内で音楽鑑賞でも…というような余裕はまだないが。

11月22日は京都大学の学園祭だったので、例年通り京都大学音楽研究会が出店している音楽喫茶「セバスチャン」へと遊びに行った。事前にやりたい曲の予習ということで、ケッケルトQのハイドン、メルスQ他のシューベルト、そしてドルジーニンのヴィオラ・ソナタを聴く。今年はOBの集まりが悪く、この中で結局弾けたのはヴィオラ・ソナタのみだったが、まぁ、これが弾ければ何の文句もありません。本当に素晴らしい曲。熱心なピアノ弾きの後輩がいて、かつて楽器を習っていた時代に弾いた以来全く弾くことのなかった、フランクのソナタやベートーヴェンのスプリング・ソナタなんかを弾いたのはある意味で収穫だったと言えるかもしれない。それにしても、夜通し酒を飲んで楽器を弾いて始発で家に帰るというパターンは、さすがに体力的に厳しくなってきました。来年からは、終電でおとなしく帰るようにしなければ。

今度の日曜日は久しぶりにかぶとやま交響楽団の練習。所用で2回連続で休んだ挙句、日曜日は指揮者不在のために臨時で練習を見なければならない。慌ててスコアを読む。モーツァルトの第32番は初見状態なので、ボウイングを考えながらの予習。聴きながら勉強するには、レヴァインの演奏は速過ぎる。

7日にJEUGIAで購入したものの、まだ開封すらしていなかったオーストラリア国立室内合奏団の来日記念盤をようやく聴いた。10年近く前の録音であるために現在どのようになっているのかはわからないが、清潔な音楽性と技術を併せ持った素晴らしい団体だと思う。明るい音色でありながらも、過度の派手さや重心の軽さを感じさせないところに好感がもてる。メンデルスゾーンやモーツァルトの爽やかで音楽的な演奏には感心した。お目当てのショスタコーヴィチは、さすがに響きが明るすぎると思うが、音楽的な内容は実にしっかりとしたもの。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター