スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリップスのモーツァルト

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第3番 グルジア国立放送Q (Melodiya C10 30589 007 [LP])
  • バルトーク:弦楽四重奏曲第4番、ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第7番、ストラヴィーンスキイ:弦楽四重奏のための3つの小品、ヴェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル スロヴァキアQ (RCA PRL 1-9060 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya C 10-14899-900 [LP])
  • ブラームス:弦楽五重奏曲第1&2番 バルトークQ他 (Hungaroton SLE 6003 [LP])
  • ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第1番、モーツァルト:弦楽四重奏曲第20番、スメタナ:弦楽四重奏曲第1番 スメタナQ (BBC Legends BBCL 4137-2)
  • モーツァルト:交響曲第40・32・38番 クリップス/アムステルダム・コンセルトヘボウO (Philips 422 476-2)
  • ドヴォルザーク:チェロ協奏曲、チャイコーフスキイ:ロココの主題による変奏曲 ロストロポーヴィチ (Vc) カラヤン/ベルリンPO (DG 447 413-2)
13日に修士論文発表会、16日に卒業論文発表会があって、仕事も一段落。いよいよ、卒業シーズン。春ですねぇ。まぁ、自分の仕事は何かと山積みなわけですが…

先週は祖母の葬儀があって札幌に帰ったりしたのでなかなかハードだったが、13日の夜は久しぶりに演奏会へ足を運んだ。大阪フィルハーモニー交響楽団の第375回定期演奏会(ザ・シンフォニーホール)で、曲目はショスタコーヴィチの交響曲第7番。終演後の拍手も盛大で評判も上々のようだったが、個人的には全く聴くべきところのない演奏で不満たらたら。ここに簡単な感想を書いておきました。

1月にMikrokosmos Mail Order Co.から届いたLPを、土曜日にようやく聴くことができた。グルジア国立放送Qの演奏は、グルジア語(?)とロシア語しかない胡散臭いジャケットとは裏腹に、正統派。使用楽器があまり良くないのか、若干がさついた音色のようにも聴こえるが、それが逆に硬派な印象を生み出している。骨太な秀演。スロヴァキアQの演奏も、チェコのしっとりとした音色が心地よい。端正な音楽作りも好ましく、模範的な演奏に仕上がっている。どちらもあまり期待していなかったのだが、意外な掘り出し物。一方、ようやく入手したスヴェトラーノフ盤はエフゲニー・スヴェトラーノフのページなどで見聞きしていた通り、今ひとつな内容。このコンビならではの大柄な響きが楽しめるが、繊細さに欠けるために、特に第1楽章に物足りなさが残る。第2楽章以降の描き分けも通り一遍で、全体に単調なのが残念。

昨年11月に京都で購入したLPの内、バルトークQのブラームスを今頃になってようやく聴いた。既にCDで持っているが、いつ聴いても作品に対する熱い共感に胸打たれる名演。

久しぶりに、Tower Records梅田店に立ち寄る。入ってすぐに、新譜コーナーでスメタナQのライヴ録音を見つけた。1960年代半ば、彼らの全盛期の演奏。お得意の曲目ばかりなので、安心して聴くことができる。いわゆるチェコの音、ノヴァークの歌い口、コステツキの安定した仕事人ぶり、シュカンパの硬派な音色、コホウトの渋い存在感、これぞスメタナQの真髄とでも言えるようなアルバムになっている。旧きよき時代の音楽。

収穫は、かぶとやま交響楽団の第30回定期演奏会で演奏するモーツァルトの交響曲第32番。クリップス盤が良いと聞いていたのだがカップリングもわからず見つけられないでいたところ、偶然に発見。確かに、これは素晴らしい演奏。自然体であっさりした外見なのに、細部まで音楽的なニュアンスに満ちている。あえて言えば第2楽章が出色の出来。もちろん両端楽章も音楽の愉悦が溢れ出している。第40番にはもう少し物々しさが欲しいような気もするが、これはこれで立派な音楽。ただ、このディスク最大の聴き物は第38番だろう。間然とすることなく、最後まで一気に聴かせる名演。モーツァルトの魅力が全てここに凝縮されている。

これもまたかぶとやま交響楽団の第30回定期演奏会の曲目である、ドヴォルザークのチェロ協奏曲。デュ・プレ&チェリビダッケ盤CDとロストロポーヴィチ&ジュリーニ盤LPしか持っていない(はず)ので、とりあえず名盤中の名盤と言われている、ロストロポーヴィチ&カラヤン盤を買う。ササヤ書店でMasters Music Publications,Inc.から出版されているCritical Editionのスコアも買った(せっかく演奏するのに、中学生の時に買った全音のスコアしか持ってないっていうのもね)ので、スコアを読みながら聴いてみた。感想は…んー 久々にがっかりしました。まず、オーケストラが全然巧くない。トランペットの音程は悪いし(特に第1楽章)、弦楽器は雑だし、木管にはデリカシーがないし。ロストロポーヴィチの意向なのかもしれないが、p以下のデュナーミクが実にぞんざいに扱われている。文字通り競い合うような雰囲気は確かに面白いが、音量合戦にしか聴こえないところ多数。確かにこれ以上は考えられない組合せということで聴く前から名盤の位置は保証されているのだろうが、それだけに、これ以上は考えられないくらい失望する。でも、本当に素晴らしい曲ですね。チャイコーフスキイの方が演奏の出来はいいかな。ただ、曲に興味がないので、完全に流し聴き。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Mozart,W.A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。