かぶとやま交響楽団第30回定期演奏会

  • モーツァルト:交響曲第32番、レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ、ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 林 裕 (Vc) 中村晃之/かぶとやま響 (Private Recording)
  • チマローザ:「秘密の結婚」序曲、ストラヴィーンスキイ:「プルチネッラ」組曲、ドヴォルザーク:交響曲第7番 澤寿男/かぶとやま響 (Private Recording)
去る5月16日(日曜日)は、かぶとやま交響楽団第30回定期演奏会だった。録音が届いたので早速聴いてみたが、思ったよりはまとまりのある演奏会になっていたのが意外。嬉しい誤算と言うべきか、結果オーライと言うべきか(^^;。

1曲目のモーツァルト:交響曲第32番は、流すだけの練習が続き、テンポも直前まで落ち着かなかったことを考えると、本番の出来はなかなかのもの。とはいえ、モーツァルトは難しい。かぶ響では今まで第27番と第35番をやったが、いずれも大満足とは言い難い。今回も、それを打破することはできなかった。曲の短さに救われたというのが、実際のところかもしれない。

最大の難物であった2曲目のレーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガは、ん~…… まぁ、演奏前に危惧していたのよりはよくまとまったと言えるのかも。エキストラ頼みの小編成アマオケの辛さで、ゲネまできちんと全奏者が揃わない状況では、変奏毎の描き分けとかフーガの交通整理なんかはできない。こういう曲を侃侃諤諤しながら練習を積み上げていくのが、おそらくかぶ響のコンセプトなんだろうけど。なかなか、そううまくはいきませんね。でも、こうやって聴くと、個々の技術水準は決して低いわけでもないので本当にもったいないと思う。

で、メインのドヴォルザークのチェロ協奏曲だが、わりと良い演奏だったと思う。もっとも、これはひとえに独奏の林先生のおかげとしか言いようがないのだが。前で繰り広げられる確信に満ちた音楽は、好悪を超えた説得力でオーケストラを引っ張っていった。舞台上で一聴衆になったり、アンサンブルの楽しみを味わせてもらったり… 楽しい時間でした。アンコールはブリッジのスケルツェット(管弦楽編曲は林先生)だったが、これはもう最悪。ちゃんと練習しなかったから当然だが、こういうことをやっていては、いつまで経ってもいいオーケストラにはなれないと思う。

2年前、澤先生と初共演(第27回)した時の録音を取り出してみる。このドヴォルザークの交響曲第7番は、何かがとり憑いたとしか思えないような異様なテンションに貫かれたイケイケの音楽だが、明らかに全員が同じ方向を向いて音楽に没入している。これを、単に指揮者の違いで片付けてしまうようでは何の進歩もないだろう。

などと反省は山のようにあるのだが、思うところあって今回でかぶ響は一旦お休み。7年間は長いようで短いようで。ちょっとばかし感傷的になってみたりもして。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏活動_かぶとやま交響楽団

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター