古本市で思わぬ掘り出し物

  • L. モーツァルト:おもちゃの交響曲、ロンベルク:たわむれの交響曲、モーツァルト:バレエ音楽「レ・プティ・リアン」、メユール:たわむれの序曲 レーデル/ミュンヘン・プロ・アルテ室内O (Erato RE-1026-RE [LP])
  • ショスタコーヴィチ:森の歌 ウラノフ/モスクワPO他 (Shinsekai SMK-7555 [LP])
  • オーケストラによるうたごえ名曲選 青春の讃歌(世界をつなげ花の輪に、原爆を許すまじ、祖国きずくぼくら、しあわせの歌、どこまでも幸せ求めて、みんなが笑う日まで、わが母の歌、リムジンガン、心さわぐ青春の歌、アムール河の波、シュワジベチカ、カチューシャ、序奏と収穫の歌) 外山雄三/新星日本SO (音楽センター MLS-1006 [LP])
  • ハチャトゥリャーン:コンチェルト・ラプソディ、交響曲第3番 ロストロポーヴィチ (Vc) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO、コンドラーシン/モスクワPO (Victor VIC-5120 [LP])
  • ハチャトゥリャーン:ピアノ協奏曲、ペスニャ・ポエマ、夜想曲 フリエール (Pf) L. コーガン (Vn) N. ワルター (Pf) コンドラーシン/モスクワPO、サモスード/モスクワ放送SO (Melodiya 33CM 04379-80 [LP])
  • バラキレフ:交響曲第1番 コンドラーシン/モスクワPO (Victor VIC-5114 [LP])
  • ボロディン:交響曲第1番、ラフマニノフ:管弦楽のための幻想曲「岩」 ロジデーストヴェンスキイ/モスクワ放送SO (Victor VIC-5050 [LP])
  • ボロディン:交響詩「中央アジアの草原にて」、交響曲第2番、ダッタン人の行進 スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Victor VIC-5051 [LP])
  • デラックス盤「ロシア民謡のすべて」(ゴールデン・シリーズ第3集)(ともしび、カチューシャ、行商人、エルベ河、モスクワ郊外の夕べ、小さいぐみの木、鐘の音は単調に鳴る、道、トロイカ、ヴォルガの舟歌、ステンカ・ラージン、黒い瞳の、赤いサラファン、バイカル湖のほとり、仕事の歌、バルカンの星の下で) 国立モスクワ合唱団、国立アカデミー・ロシア合唱団、アレクサンドロフ・アンサンブル他 (Shinsekai SWG-7005 [LP])
10月22日付の本欄でちょっとだけ書いたのだが、ササヤ書店にスコアを買いに行こうと大阪駅前第二ビルへ足を運んだところ、地下二階の催事場(?)で古本市をやっていた。遠巻きに見て、あまり興味のありそうな本もなさそうだったのでそのまま通り過ぎようかと思ったのだが、段ボール5箱程度の中古LPのコーナーを発見。ちょっと見たところ、Victor盤のMelodiya録音が数枚目についたものの気力がなくてパスしようとしたその時、隣の彼女連れの男性(もちろん、女性は興味なさげ)が「何だか、ショスタコーヴィチとかばっかりやな」と一言。これはチェックしない訳にはいかないだろう。先にスコアを購入してから、再度その場所へ戻り、エサ箱漁り。あるわあるわ。上記のリストはすべてそこで購入したもの。これで10枚1000円。久しぶりにラッキーな買い物をしました。

今回購入したものの内、レーデルのアルバムだけがロシア/ソ連と無縁なアルバム。L. モーツァルトの「おもちゃの交響曲」は弾いたことはあるものの、音盤は1枚も所持していないので何となく。CD化されているのかもしれないが、特にこだわりはない。この値段じゃなければ買うことはなかっただろうが、上質の演奏には感心したし、他の収録曲もなかなか面白くて、意外に拾い物だった。

さて、ここからが本題。ショスタコーヴィチ関係も結構あったのだが、いずれも何らかの形で持っているものばかり。でも、1枚も買わないのもつまらないので、ウラノフ指揮の「森の歌」を気まぐれで購入。「オーケストラによるうたごえ名曲選」は言うまでもなく、アルバム・タイトルに惹かれて購入。だが、これは退屈な内容だった。素人くさい編曲はオーケストラで演奏するに値しないもので、“あの”時代の熱気を伝えてこない。BGMにするには、曲自体がつまらない。それでも、100円/枚だと思えば、ネタになっただけでも元をとったと言えるだろうが。

ハチャトゥリャーン関係は2枚。交響曲第3番は先日ムラヴィーンスキイによる初演ライヴ(世界初演ではなく、モスクワ初演時という説が有力なようだ)で初めて聴いた曲だが、このコンドラーシン盤がいわゆる定番になっていることを知り、いつか聴いてみたいと思っていたもの。この曲、さすがにムラヴィーンスキイ盤の音質では真価を知ることはできない。無論、音質だけではなく、コンドラーシンの音楽はこの作品の魅力を全て引き出したもの。この演奏を聴いてから改めてムラヴィーンスキイ盤を聴くと、独特の論理感を持ったムラヴィーンスキイの音楽構成面での特徴がはっきりとしてくる。併録(こちらがA面ではあるが)のコンチェルト・ラプソディは、ロストロポーヴィチの本領発揮といったところ。土臭いスヴェトラーノフの伴奏も魅力十分。

フリエール独奏のピアノ協奏曲も名演。L. コーガン独奏の小品も素晴らしい仕上がり。珍しい作品が集められたというだけではない、充実した内容を持つ立派なアルバムである。

バラキレフの交響曲第1番も、初めて聴く曲。さすがに作品全体を通して名曲と言うことはできないものの、魅力的な箇所は少なくない。コンドラーシンは憎いほどにツボを押さえているというか、ロシア音楽の“らしさ”を体得しているというか、とにかく作品が本来の価値以上の輝きを放っているように聴こえる。

ボロディンの交響曲第1番もまた聴いたことがなかったのだが、カップリングのラフマニノフもさして好きな作品ではないのであまり興味を惹かれなかったのだが、せっかくだから購入。予想通り、悪い、とまでは言わないが少々退屈な作品。ただ、異様にぎらついたロジデーストヴェンスキイの演奏は楽しい。この時代の才気走ったロジデーストヴェンスキイの録音には、感心させられることが多い。

スヴェトラーノフによるボロディンの交響曲第2番は、広く知られた録音。何となく入手しそびれていただけに、この値段なら迷わずゲット。重心の低い響きと、大柄な音楽作りが、何ともこの曲にふさわしい。併録の小品2曲も同様。それにしてもこのLPの解説、「世辞にもセンスのよいボロディンとはいえないが」とか、スヴェトラーノフの実演を単に大音響の面からしか特徴付けないとか、ボロディンが「健康的」でスヴェトラーノフの演奏はそうではないとか、まさに、一昔前のソ連演奏家に対する偏見そのもののような内容。突っ込みどころは山ほどあるが、ある意味楽しませてもらいました。

今回、最大の掘り出し物は、オムニバス盤「ロシア民謡のすべて」。収録曲目自体に目新しさはないのだが、サカロフ指揮の国立モスクワ合唱団、スヴェシニコフ指揮の国立アカデミー・ロシア合唱団、アレクサンドロフ・アンサンブル、オシポフ民族楽器オーケストラといった、この筋の名門演奏家が目白押し。まさに、アルバム・タイトルに偽りなし、だ。でも、“掘り出し物”というのはそういう意味ではない。去る8月24日の当欄で、ヴィノグラードフ独唱のエルベ河(ショスタコーヴィチ)は、初出SP以来一度も再発されていない、と述べたが、何とそれが収録されているのだ。しかも国内盤。さらに、楽譜と訳詩付き!この1枚だけでも1000円は安すぎるくらい。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Khachaturian,A.I.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター