スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のだめカンタービレ

  • ドクシツェル・トランペット小品集(クライスラー:愛の悲しみ、愛の喜び、美しきロスマリン、ラヴェル:ハバネラ、ドビュッシー:ワルツ、サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン、ディにー区:ほら・スタッカート、リームスキイ=コールサコフ:熊蜂の飛行、A. ルービンシテイン:ヘ調のメロディ、アレンスキー:演奏会用ワルツ、ラフマニノフ:ヴォカリーズ、ミャスコーフスキイ:黄ばんだページ、ショスタコーヴィチ:3つの幻想的な舞曲、シェドリーン:アルベニス風に) ドクシツェル (Tp)、A. ザーク (Pf) (Melodiya С 04635-6 [LP])
  • ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、パガニーニの主題による狂詩曲、ヴォカリーズ ルービンシュタイン (Pf) ライナー/シカゴSO、モッフォ (S) ストコフスキー/アメリカンSO(RCA 09026-61851-2)
  • ブラームス:交響曲全集 フェドセーエフ/モスクワ放送SO (Musica 780006-2,780007-2)
11月13日は、宝塚市交響楽団の第38回定期演奏会にエキストラ出演。ドヴォルザークの交響曲第7番は、2年前にかぶとやま交響楽団の第27回定期演奏会で弾いて以来二度目だったが、相変わらず(当たり前だけど)難しかった。他の曲目は全て初めて弾いたものばかりで、エキストラといいながらも、結局は迷惑しかかけられなかったような…

Mikrokosmos Mail Order Co.からLPが1枚届く。ドクシツェルのTp小品集、編曲は(恐らく)全てドクシツェル自身。1曲目の「愛の悲しみ」が始まってすぐに、甘く切なくも輝かしいドクシツェルの世界へと導かれる。まぁ、とにかく巧い。しかも、よく歌う。ドクシツェルならではのやりたい放題だが、不思議と嫌味はない。とても楽しい音盤で、密かに愛聴盤になりそう。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番とブラームスの交響曲第1番。この組み合わせでピンと来る人は…読んでますね?(^^) そう、のだめカンタービレ。前から知ってはいたものの、この度ようやく読んでみました。いい年したおっさんが電車の中で読むのもどうかと思いつつ、出てくる音楽を頭の中で鳴らしながら10冊一気読み。ラフマニノフの協奏曲の場面は秀逸で、思わず聴いてしまいたくなってしまいました。実はこの曲、ルービンシュタイン&ライナー盤しか持ってないのだが、オーケストラがちょっと無愛想かな。もっとどんよりヌメヌメした演奏を聴きたい気分。ブラームスの交響曲は、随分聴いていなかったフェドセーエフの全集を聴いてみたが、管楽器と弦楽器のピッチが溶け合っていなくて、最後まで違和感が拭えなかった。解釈も平凡。でも、第3番冒頭の木管楽器の威力は凄い。ちなみに、あなたののだめカンタービレキャラクターチェックというのをやってみたら、僕は「千秋さま」タイプ。ちょっと嬉しい。作者の二ノ宮さんのサイトはこちら
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏活動_宝塚市交響楽団

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。