【楽曲解説】ブラームス:弦楽四重奏曲第2番

Johannes Brahms
ヨハネス・ブラームス(1833~1897)


Streichquartett Nr. 2 a-moll, Op. 51-2
弦楽四重奏曲第2番 イ短調 作品51-2



 2曲の弦楽六重奏曲などの成功によって既に室内楽の大家として名声を確立していたブラームスが最初の弦楽四重奏曲を発表したのは、40歳の時でした。作品51の2曲に至るまで最低でも8年の歳月をかけ、それ以前に破棄された習作は20曲にも及ぶと伝えられます。このことは、43歳の時に発表された交響曲第1番(作品68)と同様に、弦楽四重奏曲と交響曲において巨大な成果を残したベートーヴェンに対する畏敬の念ゆえの艱難辛苦と言われています。とはいえ、ブラームスの弦楽四重奏曲は、シューマンの弦楽四重奏曲(作品41)の後継にして完成形とでも評価すべき真にロマン派的な作品で、主題労作や対位法へのこだわりは、むしろハイドンを想起させます(ちなみに「ハイドンの主題による変奏曲 作品56」は、作品51と同じ1873年に完成しています)。また、友人のヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒム(1831~1907)が1869年から自身の名を冠した四重奏団を結成して活躍していたことも、シューマンにおけるフェルディナンド・ダヴィッド(1810~1873)の存在と同じく、ブラームスの弦楽四重奏曲に対する関心に大きく影響したと思われます。
 第2番は深い憂愁を秘めた抒情的な作品で、劇的な第1番と対をなしています。第1楽章冒頭の第1主題「A-F-A-E」には、ヨアヒムの有名なモットー「Frei Aber Einsam(自由だが孤独だ)」が織り込まれていて、楽章を通じてこの動機が用いられます。第2楽章の美しい旋律も、シェーンベルクが例に挙げて称賛したほど作曲技法的に緻密な構成を持っています。「Quasi Minuetto(ほぼメヌエット)」と記された第3楽章は、三部形式の舞曲であることは確かですが、「メヌエットの亡霊」のようなロマン派的情緒が印象的です。中間部の経過句には、トリオの主題(Vn1&Va)とメヌエットの主題(Vn2&Vc)とを組み合わせた二重カノンが挿入されます。終楽章は、暗い情熱を湛えたハンガリー風のロンド。第2楽章中間部の劇的なレチタティーヴォ風の音楽(Vn1とVcのカノン)と呼応しています。全編に渡る対位法的書法と分厚い和声がいかにもブラームスらしい、名作です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第7回公演(2017年4月22, 29日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】フォーレ:弦楽四重奏曲

Gabriel Fauré
ガブリエル・フォーレ(1845~1924)


Quatuor à cordes en mi mineur, opus 121
弦楽四重奏曲 ホ短調 作品121



 フォーレの室内楽作品はいずれもピアノが入った編成を採っており、弦楽器のみによる作品はこの弦楽四重奏曲が唯一です。死の前年に第2楽章から着手し、続いて第1楽章を仕上げたところで、体調の悪化のために作曲は中断します。翌年の夏、保養地にて終楽章に取組みますが、完成のわずか1週間後にフォーレは肺炎を起こし、2か月後にはその生涯を閉じることになります。名実ともにフォーレ最後の作品です。初演は作曲家の死後、1925年6月12日にジャック・ティボーらによって行われました。
 晩年のフォーレは重度の聴覚障害を患っていて、難聴に加えて音程が狂って聴こえる症状に悩まされていました。全体が中音域に集まっているのは、こうした肉体的な要因に起因するものと思われます。ベートーヴェンと同様に内なる声に耳を傾けた結果、難聴という表面的な現象を超えて、フォーレはベートーヴェンに通じる「崇高な単純さ」(V. ジャンケレヴィッチ)を獲得しました。その到達点が、この弦楽四重奏曲です。3つの楽章全てがソナタ形式に基づいていますが、展開部や再現部の扱いはかなり自由で、しかも簡素なものです。一方で、厳格な対位法と自在で複雑な転調が織りなす独特の曖昧さによって、高雅な透明感を保ちつつも人間的な情感の揺らぎが豊かに表出されています。第1楽章には、若き日の作品(未完)であるヴァイオリン協奏曲(作品14)の主題が流用されています(第1主題・第2主題とも)。第2楽章は、本作品の白眉です。第3楽章は、「表現に富んだ高尚なスタイル」の前2楽章に対して「いわゆる『スケルツォ』のような、軽快で楽しい気分を強調すべき」と、フォーレ自身が語っています。ピアノ三重奏曲(作品120)の終楽章と同じ三連符の動機をはじめとする「威厳に満ちたリズム」(V. ジャンケレヴィッチ)で、フォーレはその人生に軽やかに、そして安らかに別れを告げたのです。

シュペーテ弦楽四重奏団 第7回公演(2017年4月22, 29日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Fauré,G. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】モーツァルト:弦楽四重奏曲第23番

Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)


Streichquartett Nr. 23 F-dur, KV 590
弦楽四重奏曲第23番 ヘ長調 KV 590



 いわゆる三大交響曲(第39~41番)を書き上げた翌年(1789年)、モーツァルトはベルリンに向けて旅立ちました。晩年のモーツァルトが深刻な経済的困窮の中にあったことはよく知られていますが、その打開を図るべく、演奏会の興行収入や新作の注文を得ると同時に、プロイセン国王フリードリヒ・ヴィルヘルム2世(1744~97)に謁見して名誉と名声を得ることが、このベルリン旅行の主たる目的でした。旅行後、モーツァルトは「王のために四重奏曲6曲を書いている」と手紙に記していますが、「プロイセン王のために」と明記された第21番(KV575)に続いて第22番(KV589)と第23番(KV590)を完成させたところで作業は中断してしまいました。このような経緯からこれら3曲の弦楽四重奏曲は「プロイセン(プロシア)王セット」と呼ばれていますが、結局王に献呈されることなく二束三文で出版社に売られてしまった(出版はモーツァルトの死後すぐ)こともあり、王からの依頼が本当にあったのかどうかについては疑問が残ります。
 「プロシア王セット」最大の特徴は、チェロに堪能であったヴィルヘルム2世を意図して、チェロ・パートに高い音域での独奏的な役割が与えられていることにあります。しかし、このセット最後の第23番ではこうした機会音楽的な要素は影を潜め、古典的で簡潔な構成の中にロマン派を予感させる陰影を湛えた、モーツァルト最晩年の様式が示されています。第1楽章冒頭やベートーヴェンのスケルツォを想起させる第3楽章のトリオ、第4楽章の展開部などの激しく情熱的な気分と、第3楽章や第4楽章の冒頭などの清澄かつ流麗な音の流れとの対比が織りなす複雑な情感は古典派の枠を逸脱したもので、天才モーツァルト最後の弦楽四重奏曲に相応しい音楽です。とりわけ、単一主題によるソナタ形式の第2楽章は、A. アインシュタインが「あらゆる室内楽文献のなかで最も感情の繊細な楽章の一つ」で「生への、至福と悲哀に満ちた告別」と美しい形容をしたことでも有名です。


シュペーテ弦楽四重奏団 第7回公演(2017年4月22, 29日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mozart,W.A. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】シューベルト:弦楽四重奏曲第15番

Franz Peter Schubert
フランツ・ペーター・シューベルト(1797~1828)


Streichquartett Nr. 15 G-dur, D 887 (Op. post. 161)
弦楽四重奏曲第15番 ト長調 D 887(作品161)



 シューベルトが残した15曲の弦楽四重奏曲は、いずれも特定のパトロンからの依頼によるものではありません。ほぼ同時に没したとはいえ、明らかにベートーヴェン(1770~1827)の次の世代であったシューベルトの作曲家としてのあり方が、このことにも象徴されているといえるでしょう。特に第12番以降の後期作品は、出版や公開演奏の機会とは関係なく、シューベルト自身の純粋な音楽的欲求から書かれたと考えられています。
 1824年に第13番「ロザムンデ」と第14番「死と乙女」の2曲の弦楽四重奏曲を書き上げたシューベルトは、おそらく交響曲第8番「ザ・グレート」D944(1825~6)のことと思われる「大きな交響曲」への準備として、弦楽四重奏曲をさらにもう一つ構想します。それが、1826年にわずか10日で書かれた第15番です。第1楽章だけは1928年に公開演奏されましたが、全曲の初演はシューベルトの死後、1850年になってようやくヘルメスベルガー四重奏団によって成し遂げられることになります。
 古典派の楽章構成を型通りに踏襲しつつも独創的な転調を駆使した詩的情緒あふれる音楽は、シューベルトならではのものです。しかし、この作品では歌謡性に満ちた旋律美は後退し、全曲を通じて鳴り続けるトレモロをはじめとする限られた動機の自在な組み合わせによって、濃密なロマンの香り漂う劇的な音楽が緻密に構成されているのが特徴です。また、執拗に反復される同じ音型に転調と楽器や伴奏音型の変化を加えることで繊細な色合いを織りなす手法は、後期ロマン派をも予感させる、時代を先取りしたシューベルトの新境地です。極めて長大な作品ですが、緊張感のある起伏と陰影に富んだ力感が漲る、シューベルト畢生の大作です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第6回公演(2016年4月16, 23日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Schubert,F.P. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】シューマン:弦楽四重奏曲第3番

Robert Schumann
ロベルト・シューマン(1810~1856)


Streichquartett Nr. 3 A-dur, Op. 41-3
弦楽四重奏曲第3番 イ長調 作品41-3



 シューマンが室内楽曲に集中的に取り組んだ1842年、いわゆる「室内楽の年」は、ウィーン古典派の弦楽四重奏曲の研究に始まりました。その最初の成果が、作品41としてまとめられた3曲の弦楽四重奏曲です。とはいえ、古典派の粋でもある弦楽四重奏曲というジャンルは、ロマン派の旗手を自認していたシューマンにとって以前からの関心事でした。特に1830年代半ば頃からフェルディナンド・ダヴィッド(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の初演者)と親交を結ぶようになり、彼が主宰する弦楽四重奏団の演奏に触れたことは、シューマンに大きな影響を及ぼしました。とりわけ第12番と第14番をはじめとするベートーヴェンの後期作品には強く惹かれていたようです。いくつかのスケッチや習作の試みを経て、1842年の6月からわずか 2ヶ月足らずの期間で全3曲が一気に書かれました。初演は愛妻クララの誕生日に開かれた内輪の集いで、ダヴィッド四重奏団が行いました。初版譜には盟友メンデルスゾーンへの献辞が印刷されましたが、自筆譜には「愛するクララの誕生日に捧げられる」と記されています。
 第3番は、先行する2曲を通して古典派の書法を掌中に収めたシューマンが、その枠を超えて真にロマン派の様式を確立した、極めて独創的な作品です。旋律、和声、リズムの全てに斬新な書法が採られ、2つの中間楽章には性格的小品の形式が導入されています。また、第1楽章の冒頭で溜息のように奏される印象的な主題「Fis-H」は、移動ドで読むと「ラ-レ(la-re)」となり、愛妻クララ(C-la-ra)の音名象徴となります。このように音型や旋律に文学的な意味を秘める手法も、シューマンが導入した新機軸です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第6回公演(2016年4月16, 23日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Schumann,R. 演奏活動_DasSpäteQuartett

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター