FC2ブログ

スヴィリードフの宗教音楽と、レーガーのピアノ独奏曲

  • スヴィリードフ:バーンズの詩による歌曲、デニーソフ:バーンズの詩による5つの歌曲より、ショスタコーヴィチ:イギリスの詩人の詩による6つの歌曲より、レヴィチン:バーンズの詩による歌曲集、フレーンニコフ:バーンズの詩による5つのロマンスより サヴェンコ (B) ブローク (Pf)(Toccata TOCC 0039)
  • シェバリーン:プーシキンの詩による5つの無伴奏合唱曲、レールモントフの詩による3つの無伴奏合唱曲、ソフロノフの詩による3つの無伴奏合唱曲、タンクの詩による6つの無伴奏合唱曲、イサコーフスキイの詩による4つの無伴奏合唱曲、モルダヴィア詩人の詩による3つの合唱曲、子供のための4つの無伴奏合唱曲「我が孫たちに」、子供のための7つの無伴奏合唱曲「森の端で」、映画「グリーンカ」より国防市民軍兵の合唱「おお、我が夜明けよ」 ホンジンスキイ/ルースカヤ音楽院室内カペラ(Toccata TOCC 0112)
  • スヴィリードフ:聖歌と祈祷 プリシュ/クレド室内合唱団(Toccata TOCC 0123)
  • ラフマニノフ:晩祷 スヴェトラーノフ/ブルガリア合唱団(Russian Disc RDCD 00719)
  • ヴィラ=ロボス:アマゾンの森 ゲラシーモヴァ (S) スヴェトラーノフ/ロシア国立SO(Russian Disc RDCD 00530)
  • レーガー:ピアノ独奏曲全集 ベッカー (Pf)(NCA 234239)
かなり間が空いてしまったが、11月8日のエントリーに続き、アリアCDから届いた音盤を。

Toccataレーベルのセールでは、声楽曲ばかり3枚をオーダー。

ロバート・バーンズの詩によるロシア人作曲家の作品を集めたアルバムは、スヴィリードフとショスタコーヴィチの有名曲と、世界初録音のレヴィチンの作品などのあまり聴かれる機会のない曲とがバランスよく配置された聴き応えのある一枚。サヴェンコの歌唱は現代的な洗練を感じさせるもので、旋律の明晰なフレージングと、伴奏の和声に寄り添って移ろう色合いの変化が美しい。収録曲の全てがそれぞれに魅力的だが、歌謡曲的な旋律線という点で、フレーンニコフの作品が記憶に残った。デニーソフ作品の美しさも忘れ難い。


シェバリーンの無伴奏合唱曲全集というのも、このレーベルならではの企画。シェバリーンにとってこの編成が重要な位置を占めていたことがよく分かる分量だ。モスクワ音楽院の院長であったシェバリーンの後任がスヴェシーニコフだったのも、故なき事ではなかったのかもしれない。収録曲の間にそれほど大きな作風や曲調の違いは見出せず、いずれもロシア民謡風の素朴さが楽しい。もっとも、収録曲は全てジダーノフ批判以降の作品であることを忘れてはならない。


スヴィリードフの晩年は専ら宗教曲に没頭したようだが、「聖歌と祈祷」はその集大成のような曲集。ただ、奉神礼(カトリックでいうミサのようなもの)などを当初から想定して系統立てて作曲された訳ではなく、曲順等はあってないようなもの。このアルバムでは、旧約・新約それぞれの話の流れに沿って配列されている。

これがとてつもなく美しい。とにかく美しい。信者であれば各曲の表題や歌詞からその宗教的な内容も加味して聴くことができるのだろうが、この神々しい美しさはその知識が皆無な私の心をも優しく、それでいて力強く鷲掴みにする。


私にとってロシア正教会の宗教音楽といえば、何はさておきラフマニノフの「晩祷」である。結局のところはスヴェシニコフ盤に回帰してしまうのだが、スヴェトラーノフのラフマニノフとなれば一度は聴いておきたく、この機会に入手。しかし残念ながら、合唱の強烈なブルガリア色が耳につき過ぎて、スヴェトラーノフの解釈云々に辿り着くことができなかった。ロシアの女声もかなり鋭いが、比較にならない。


ヴィラ=ロボス最晩年の大作「アマゾンの森」は、ヘップバーン主演の映画「緑の館」(1959)の映画音楽を再構成した作品。ディスクを通してチャプターが1つしか打たれていないため、スコア無しでは楽曲構成のポイントを把握するのが難しく、結果としてラテン色に満ちた気怠くも官能的な情感を漫然と愉しむだけになってしまった。スヴェトラーノフの演奏はこうしたヴィラ=ロボスの音楽に期待される要素を手堅く的確に表出しており、作品を知るという点において十分に優れた演奏である。ただし、どんな曲でもロシア色に染めてしまう強烈な「スヴェトラーノフ/ロシア国立響」の刻印を求めるファンには物足りなさが残るかもしれない。


今回最大の買い物は、レーガーのピアノ曲全集。Max-Reger-Instituteのサイトで見る限り、作品番号なしの作品については若干の未収録もあるようだが(それらが演奏できる状態で遺されているかどうかは知らない)、「全集」と称するに十分値する労作である。この膨大な量の作品群を、音楽的にも技術的にも非常に高い水準で、しかも一人で弾き切っているだけでも驚嘆する。さすがに数度聴いた程度で各曲を個別に認識することは無理だが、どの曲にも咽せ返るほど濃密な後期ロマン派的情緒が充満し、「ドイツ」の名に期待する響きが十全に繰り広げられている。総じて私の好みど真ん中の楽曲と演奏であり、CD12枚を聴き通すことに何ら苦労はない。私が知るレーガーは、専ら室内楽曲と弦楽器の独奏曲ばかりだが、彼の魅力はピアノ曲の方が理解しやすいのかもしれない。もっと演奏頻度が高くてもよいと思うし、もっと広く聴かれてもおかしくないとも思う。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V. 演奏家_Svetlanov,E.F. 作曲家_Shostakovich,D.D.

ショスタコーヴィチの交響曲4題

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第9番、ラヴェル:スペイン狂詩曲 コンドラーシン/イギリス国立ユースO(dbx RTS-3 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第4番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0016112BC)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0017972BC)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0016152BC)
少し前のことになるが、とある方から、私が未架蔵の音盤を譲渡してもよい、という旨の連絡を頂いた。10年ほど前までは、こういうお申し出も少なからずあったのだが、ネットオークションが広く使われるようになってからは、めっきりと減った。私にとって何ら不都合のない話でもあり、数度のやり取りを経てお譲り頂いたのが、コンドラーシンがイギリスのユース・オーケストラを振ったライヴ盤LP。

アルバムの趣旨はdbxノイズリダクションを紹介するオーディオ的な関心にあるようで、ライナーの大半もこのシステムの説明に費やされている。残念ながらdbxのデコーダは所持していないし、それこそオークション等で入手も容易とはいえ、この1枚のためだけに揃える気にもならず、デコーダを通さずに聴取。適正な再生をしているとは言えないが、要するにドルビーのスイッチを間違ってカセットテープを聴くようなもので、演奏を知るという意味においては特段の不都合はない。

短めの2曲ではあるが、この苛烈なテンポと表現の振幅を、ユース・オーケストラ相手に一切の妥協なく要求しているコンドラーシンの指揮に、とにかく驚かされる。オーケストラは相当健闘しているものの、それでもついていけずに乱れている箇所も少なくないが、引き締まった剛毅な音楽が弛むことはない。ライヴ盤ならではの熱気にも溢れており、とりわけコンドラーシンのファンには愉しい録音ではなかろうか。

譲渡頂いた方からは、キリル・コンドラシン 演奏会記録一覧というサイトもご教示頂いた。膨大なデータ量もさることながら、その全てに緻密な検証の跡が見える労作。非常に参考になる優良サイトだ。


さて、このLPを聴いたのは9月のことだったが、諸事に忙殺されている内にアリアCDからまとまった数の音盤が届いたので、とりあえず、ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送響のショスタコーヴィチのみ聴いてみた。この組み合わせの録音は他に第5番と第8番もあるが、今回入手できた第7番だけがなぜか廃盤になっているようだ。

第4番は、いかにもドイツ的なロシア音楽に仕上がっている。地味ながらも堅実なアンサンブルで、錯綜したスコアが見通し良くすっきりと整理されており、実に聴きやすい。先鋭的な箇所もまろやかに均されている点で評価は分かれるだろうが、交響曲としてのまとまりが卓越した渋い演奏と言えるだろう。


第7番も、第4番と同様の手堅い演奏。第1楽章や第2楽章のクライマックスで打楽器に乱れがあるものの、この録音だけが廃盤扱いになっている理由はよくわからない。ショスタコーヴィチの歪んだ響きよりも、素直な旋律美が前面に押し出されているので、極めて聴きやすく耳に優しい音楽となっている。


第10番も演奏者の確かな実力を感じさせるアンサンブルではあるのだが、そもそも交響曲としての緊密な構成を持っている作品だけに、それをただ音にしているだけのような退屈な印象が否めない。振幅の大きな突出した表現を随所に求めたくなってしまう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ストラディヴァリウス・コンサート2019


ストラディヴァリウス・コンサート2019
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番(ベイルマン)
  • バルトーク:44の二重奏曲より(1st:イム、2nd:ベイルマン)
  • チャイコーフスキイ:「なつかしい土地の思い出」より「メロディ」(イム)
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番(イム)
  • ショスタコーヴィチ(アトヴミャーン編):2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品(1st:ベイルマン、2nd:イム)
  • モシュコフスキ:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲より第4曲(1st:ベイルマン、2nd:イム)【アンコール】
2019年10月30日(水) ベンジャミン・ベイルマン、イム・ジヨン (Vn) 萩原麻未 (Pf) いずみホール
前日にチケットを頂き、急遽いずみホールへ。事前に演奏曲目などの情報を全く知らずにホールへ向かったのだが、ショスタコーヴィチ作品がメインの曲目だったのは、我ながらさすがと言うべきか。日本音楽財団が保有するストラディヴァリウスと、それを貸与されている演奏家による「ストラディヴァリウス・コンサート」の存在は知っていたが、実際に聴くのは初めて。「エングルマン」(1709)を貸与されているベイルマンと「サセルノ」(1717)を貸与されているイムの2人が出演したが、当初出演予定だったヴェロニカ・エーベルレが貸与されている「ドラゴネッティ」(1700)もバルトークとチャイコーフスキイでイムが弾き、舞台に上がった楽器は計3台であった。

またこの大阪公演は、チケット収益の全額が京都大学iPS細胞研究所に寄付されるチャリティー・コンサートでもあり、演奏に先立って山中伸弥教授によるプレトークもあった。

若手演奏家2人の演奏はメカニック面では申し分のないもので、強奏部などでコントロールが利いていない音も散見はされたものの、純粋にヴァイオリンの美しさや楽しさを享受することができた。音色という点ではベイルマンの方に魅力があり、ベートーヴェンの第2楽章などは出色の美しさであった。イムも精度の高い繊細な演奏をしていたが、私の耳には痩せた音色に聴こえたのが残念。

ショスタコーヴィチは、いささか過剰な表情付けが意図されていたように思えたが、演奏家の若さゆえか、結果として嫌みのない自然な仕上がりになっていて、リラックスして愉しむことができた。第5曲のアンサンブルは雑然としていたが、そこまでうるさいことを言うべき音楽でもないだろう。

コンサート全体を通して、ピアノの地味ながらも手堅い表現力が演奏の水準を引き上げていたことも特記すべきだろう。おじさん好みの容姿ゆえに評価が甘くなっている可能性を否定するつもりもないが、それを差し引いても存在感のあるピアノであった。

このコンサートの趣旨の一つであるストラディヴァリウスの聴き比べという点では、圧倒的に「ドラゴネッティ」の素晴らしさが際立っていた。私が聴いたストラディヴァリウスの中では、ヴェンゲーロフの弾く「クロイツェル」(1727)に匹敵する銘器と感じた次第。

アンコールのモシュコフスキも楽しい演奏で、満たされた気分でホールを後にすることができた。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

新たな御狩場?

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集 Op. 64 タートライQ(Hungaroton HCD 11838-39)
  • フランク:弦楽四重奏曲 ゲヴァントハウスQ(Deutsche Schallplatten TKCC-70671)
  • ショスタコーヴィチ(バルシャーイ編):弦楽のための交響曲(弦楽四重奏曲第10番)、アイネ・クライネ・シンフォニー(弦楽四重奏曲第1番)、室内交響曲(弦楽四重奏曲第8番) ファン・アルフェン/ロッテルダムCO(talent DOM 2929 72)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番、武満徹:フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム 佐渡裕/ベルリンPO(avex AVCL-25733~4)
東京での空き時間は御茶ノ水~神保町界隈で過ごすことが多いのだが、先日久し振りに新宿で時間ができたので、偵察がてらディスクユニオン 新宿クラシック館を初訪問。結果としては、量の割りにあまり琴線に触れる品揃えではなかったが、挨拶代わりに4枚だけ購入。私にとってのディスクユニオンのランキングは今のところ、大阪>お茶の水>新宿、かな。とはいえ、中古音盤屋は通ってなんぼのところがあるので、今後も機会があれば足を運びたい。

さて、まずはいつものようにルーティーンをこなしてみたが、結局タートライQのハイドンしか見つけることができなかった。この「第2トスト四重奏曲」はタートライQ最晩年の録音であるが、元々素朴な風合いを持った彼らの音色がさらに枯れていて、一聴するとピリオド楽器による演奏と間違えてしまうほど。ともかく、これでタートライQのハイドン全集を無事にコンプリートできた。


私にとってフランクという作曲家は、微妙な存在。ピアノ五重奏曲や交響曲は大好きだし、ヴァイオリン・ソナタも聴けば素晴らしい作品だと思うが、部分的にはともかく、全曲を通して気に入る作品は他に思い当たらない。弦楽四重奏曲も、楽曲の長大さに見合う魅力を感じられないまま今に至る。ズスケ時代のゲヴァントハウスQによる本盤は初出時から名盤として知られているが、神経質な線の細さを持つこの団体の演奏では、この弦楽四重奏曲が私の好きな作品のリストに入ることはなかった。とはいえ、フランクの最高傑作に推す人もいるほどの作品だけに、今後も挫けることなく挑戦し続けたい。


ショスタコーヴィチ関係は、どうにも目ぼしい物を見つけることができず、わりと安かった2枚だけ確保。まずは、バルシャーイが弦楽合奏用に編曲した弦楽四重奏曲3曲のアルバム。何とも繊細な演奏で、弱音の美に耽溺しているかのよう。第10番ではその意図がよく伝わるものの、第1番の素朴な活力は犠牲になっている。また、技術的な破綻を避けるためか第3楽章の極端に遅いテンポもいただけないし、それでもなお瑕が残っているのも残念。有名な第8番には、やはり表面的な美観を損なってでも内面から噴き出るような力強さが欲しいところ。響きの志向そのものは悪くないだけに、残念。


佐渡 裕のベルリン・フィルへのデビューは、当時様々なメディアで大々的に取り上げられ、その際に放送された演奏会の映像は録画もして視聴している(2011年7月11日のエントリー)。当時は汗を撒き散らして忘我の境地で音響に没入する指揮者の姿に激情型の演奏という印象を抱いたが、今回改めて音だけで聴くと、隅々まで極めて整然としたアンサンブルで極上の響きでありながらも、音楽そのものは非常に冷静であることに驚かされた。テンポが変わる箇所のスムーズさなどは指揮者の棒に忠実であった証であろうが、それゆえに、あの指揮姿とギャップのある淡々とした音楽と、それでいて豪奢な響きには、まさに“笛吹けども踊らず”的なオーケストラの恐ろしさが垣間見える。こうした背景を何も知らずに聴くならば、「お手本のような」演奏であることに違いはない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

悪趣味?なヘンデル

  • ムーソルグスキイ(ラヴェル編):組曲「展覧会の絵」、ショスタコーヴィチ:祝典序曲 デイヴィソン/ウェールズ・ナショナル・ユースO(Music for Pleasure MFP 57009 [LP])
  • ヘンデル(ハーティ編):組曲「水上の音楽」、ヘンデル:合奏協奏曲第10番, Op.6-10 D. オーイストラフ/モスクワPO バルシャーイ/モスクワ室内O(Melodiya 489.031 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から2枚が届く。今回は本当に欲しかったものが悉く入手できず、ついでにオーダーしたものだけ。

ウェールズ・ナショナル・ユースOのアルバムは、残念ながらユース・オーケストラの活動記録という以上の価値が見出せない。1970年頃の技術水準としては平均的なのかもしれないが、粗さばかりが耳につく。祝典序曲は、アンサンブル上の配慮からか非常に遅いテンポが採られているが、これではまるで違う曲である。


ソ連のヘンデル、とでも言うべきアルバムは、この種の旧き佳きロマンティックなバロック音楽を受容できる向きにとっては時代錯誤な壮麗さが愉しめるだろう。オーイストラフ指揮の「水上の音楽」は、同じハーティー版でもセルの有名な録音のような節度はなく、完全にロマン派である。バルシャーイ指揮の合奏協奏曲の冒頭の鮮烈な鋭利さは、まるで現代音楽のよう。フルトヴェングラーの大仰な演奏とは対極ながらも同じ様式感を共有しているのが面白い。ただ、ヘンデルの音楽にはこういうアプローチを許容し得る側面があるようにも思える。大きな声では言えないが、私はこれらの演奏が大好き。もし自分で室内オケを結成することがあれば、こういうスタイルの演奏をしたいと思うほどに。決して趣味が良いと言われることがないのは、よく分かっているけれども。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター